• 洋子

神人靈媒日記2020.3.18 ~続・大日月地神示/世界の民読む書~

更新日:4月4日

苦しむ者、笑う者、助ける者、救われる者、嫌がられる者、腹立てる者、心洗われる者、手放す者、生きる者、死ぬ者、計る者、騙される者、分かる者、変われる者、寂しくなる者、深める者、広がる者、悟る者、世は全てはっきりして参るぞ。人が人であること、当たり前でなくなるのぞ。獣同様に奪い合いいがみ合い、争う心に乗っ取られる者、多く顕れるのぞ。人の質が顕れるのであるぞ。

分け合える御魂、少ないなぁ。靈性高めること目的に、生まれ変わり死に変わり、学ばせて来ておるに、魔の虜にさせられて、獣以上になる者多くなるのぞ。他を見て学びなされよ。何を教わるかで、人は神人にも獣人にもなるのであるから、真、学ばねばならんこと良く分かりますぞ。。

愛すること、貴いと分かれば、愛すること出来る人、作らねばならんのぞ。

これからの世は、愛をどこまでもどこまでも教えてゆく時代となるのぞ。

戦、無くなり、競争、無くなり、破壊、無くなり、汚染、無くなり、不和、無くなってゆくぞ。どこまでも どこまでも 課題は尽きぬから、喜びは尽きぬのぞ。他を理解いたし、和す愛すほどに、喜びが広がるのであるから、世界中の民、愛を学ぶのであるのぞ。

神示、世界の民、読む書となりますのぞ。読んで喜ぶ者、益々、喜びながら、読みなされ。読んで涙する者、読み続けどこまでも浄化いたしなされ。腹立てる者、一字一句少しずつ受け入れられるよう歩み寄る勇氣を養いなされ。

人はみなみな それぞれに課題与えてあるから、神示、要らん者、一人もおらんから、読む程に禊がれ、溜め息となり、涙となり、覚悟問われるぞ。読み方、変わるが成長でありますぞ。教える者程、読みなされ。教え方、変わりゆくぞ。他愛、深め優しくなれますぞ。強く大きくなれますぞ。神、靈、人、獣、虫、草、木、世は全て繋がり、全て必要とされ在る。その意味がどこまでもどこまでも悟れますぞ。それが、まことの愛ぞ。神愛の世界でありますぞ。永遠でありますのじゃ。

悪魔の世は終わったのじゃ。悪しき支配の時代は、終わったのであるぞ。氣付いた者から順に次の世に心移っておりますのぞ。

笑うとは、過去に笑うのぞ。現在を笑うのぞ。未来を笑うのでありますぞ。

笑う門には福来たるとは、心豊かになることぞ。心満たされてゆくことでありますのじゃ。

全ては必要経緯であったこと理解深め どこまでもどこまでも安心立命に到るのじゃ。

ありがたい ありがたい ありがたいのう。

あっぱれ、心晴れやかでありますなぁ。

えみため えみため むーうーるーうー

神人、唄い笑う。そして繋がり広がる。和となり輪となり◎となるぞ。

神(かみ)、靈人(ひと)、共に在る在る在るのぞ。

むーうーるーうーおーーーーー


2020.3.18 大宇大神御靈 すーーーーー


  

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示