• 洋子

神人靈媒日記 2021.12.29 ~続 大日月地神示/神世顕る

更新日:1月7日

益々変わり、良き世となりますのぞ。皆、改心致して、うれしたのし暮らされますのぞ。改心出来ぬ者、この地には居られんのでありますぞ。分相応の生まれ変わりさせてゆくのであるから、すべてキチリキチリ顕れて参りますのぞ。これまでのように支配致すための世の仕組み無くなり、個々皆、他に奉仕致すが当たり前の世となるのじゃから、出来ぬ者は生まれ変わりて来ぬのぞ。

新たな仕組み、世の元の元の元の仕組みとは、神として在ること。分身として在ることじゃ。愛ぞ。自愛と他愛のみぞ。すべて貴ぶ生き方のみぞ。分かりたか。真の教え、愛からぞ。

支配致すは悪魔の法じゃ。じゃが、悪魔の世界で学ぶ必要ある者らは、悪魔らの星に生まれ変わりさせて、練り上げることとなりますのじゃぞ。

分相応の仕組みとは、そのこと申すのぞ。味噌も糞も同じ評価イタスは、悪の世ぞ。糞を味噌、味噌を糞と教えるは、全くあべこべじゃなぁ。これまでの世は、あべこべだらけの虚偽がこびりついた逆さまの世でありましたぞ。滅多にない可笑しな世でありましたのぞ。

真偽、分かる者多くなりて、虚偽の世は消え、グレンとひっくり返りますのじゃ。夜明けぞ。闇世に映し出された虚偽の映画をみなみな観させられておりましたのじゃが、終焉でありますぞ。いよいよ懐かしくなりますぞ。過去の話、可笑しな笑い話に変わりますのぞ。

人民、自己教育なされよ。この神示、読みなされ。新しい教え、言い聞かせなされ。今の教え、今、必要であるのぞ。時節相応の教え、有りますのじゃ。料理作りと同じじゃなぁ。時合わせて、頃良い加減で煮炊き致さねば、美味しくならん道理でありますぞ。

そなた、なぜ、こうしてあるか。みなみな縁在るゆえ与えられておりますのぞ。必要ゆえ得られておるのじゃ。そなたここに引き寄せて見聞きさせておりますのじゃ。

守護靈殿、指導靈殿、近親靈殿、みなみなお喜びぞ。よくよくお詫び申せよ。人民みなみな、靈人様方に頭下げなされよ。そなたを大切に思い下さって、そなたが分からぬ苦労なされて、御加護下さっておりますのぞ。感謝のみじゃなぁ。因縁解消なされよ。詫び申して御礼申されれば、終わり始まるお仕組みじゃぞ。頭下げられぬ者は、益々、恥ずかしくなりて、生き辛くなりますから、早うお変わりなされよ。変われば楽になりますぞ。すべては己の心持ちじゃなぁ。めそめそくよくよいらいら、手放しなされ。

ありがたいありがたい。うれしうれしたのしたのし。言葉に変えて、笑顔となりて、人と和し笑いおうて生きなされよ。認め合うことじゃなぁ。分かり合おうと努めることでありますぞ。己には出來ぬと申すは恥ずかしきことぞ。己を戒めなされ。

益々、良きご縁頂きなされ。みなみな誠意に生きる真の愛の世、いよいよ始まりましたぞ。この地、始まってない神世となりますぞ。何でも与えられるうれしたのしの世じゃぞ。顕れる顕れる顕れる。あっぱれあっぱれじゃなぁ。喜び満ち満つ真の世となった。


2021.12.29大祖大神御靈、顕れる。神人繋ぐ御役でありますぞ。



閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示