• 洋子

神の慮(おもんばか)り

大きなことを成し遂げるために

力を与えてほしいと神に求めたのに

謙虚さを学ぶようにと、弱さを授かった


より偉大なことができるようにと、健康を求めたのに

より良きことができるようにと、病弱を与えられた


幸せになろうとして、富を求めたのに

賢明であるようにと、貧困を授かった


世の人々の称賛を得ようとして、成功を求めたのに

得意にならないようにと、失敗を授かった


人生を楽しもうと、たくさんのものを求めたのに

むしろ人生を味わうようにと

シンプルな生活を与えられた


求めたものは何一つとして与えられなかったが

願いはすべて聞き届けられた


私はあらゆる人の中で

もっとも豊かに祝福されているのだ


(ニューヨーク州立大学病院リハビリセンターロビーに掲げられているある患者さんの詩。神渡良平氏 訳 提供)


引用 「倭詩」 著者:宮下周平 IDP出版



本当にそうだと感じた。

豊かに私は祝福されていると思った。もったいない事だと感謝の念が沸き起こる。

ならば、和多志に出来る事をやってゆこう。小さな力だけど、恩返しがしたい。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示