• 洋子

大日月地神示【後巻】四十

 善の仮面を被り悪さをする集団らの洗脳が次々に解かれゆき、真の人の姿に戻ってゆくぞ。人々は真の世を生み出してゆくのぞ。悪魔は立ち去りてもう関われぬ世となりておるのぞ。悪魔らの洗脳にかかりし者らは、生命(いのち)殺めること正義といたし、選民意識に囚われておるぞ。元からある仕組みに、選民意識は無いのであるぞ。毒を撒きて、人々に死すことの妄想を洗脳いたしている者たちよ、目を醒ます時が訪れておるぞ。悪魔らは敗北し他の銀河に囚われのものと化したのぞ。皆々、過去の洗脳を手放せよ。地の大神は、星々の大神、ウの大神様によりて再生すること、元の元の元からの大仕組みにて、人に影響されること無いのであるぞ。星の人々によりて地は掃除洗濯いたし真の良き世に変わるのであるから、準備いたして参るのぞ。億人殺める計画は、悪魔らの僕となりた者らが未だ操られていたしているに過ぎぬぞ。皆々よくよく見極めて下されよ。悪魔の親玉らは皆々敗北して、この地に関われぬようになりたのであるから、いつまでも生け贄の儀はせんでよいのであるぞ。

 金に縛られ、人に縛られ、悪魔の脅しに縛られてきた世は、もうとうに終わりておるのじゃから、皆々目醒まして下されよ。騙されている人民よ、いつまでも真から目を背けてお人好しのままでは、子も孫も皆々病に犯されてしまいますのじゃぞ。我良しの悪自由に飼い慣らされて、子や孫の喜び育む真の喜び分からんようになりておりますぞ。我強き者、真の声耳にしても受け入れられん、豚に真珠じゃ。縁ある者に伝えなされよ。衣食住医政教、皆々魔の仕組み祓わねばならんのであるぞ。選民思想、悪魔思想と同じぞ。特別視されても真の喜びにはならんのぞ。皆々個々初めから違いて特別であるのじゃから、後にも先にも特別にはなれんのぞ。上下作りて差別視するは、悪魔に使われし意識低き僕どもであるから、早う目覚まされよ。金奪いて喜ぶ人民、我さえ良ければ良いと喜ぶ人民、獣の類いであるから、御魂相応の星にお移しとなりますのぞ。この世、人の意識でいかようにでも変わりますのぞ。暖かくも寒くも、雨も降り日も差すのでありますぞ。もう人民の科学で操るでないのぞ。

 草木、獣ら、皆々喜ぶ仕組み、人民の頭では出来ぬのであるから、鼻高ポキンと折れて仮面剥がれ落ち、皆に笑られる因果でありますぞ。笑われなされよ。皆々様方に笑って許してもらいなされよ。神世とは、人民霊人好き勝手ならん世ぞ。悪魔らが仕組んだ監視の世ではないぞ。操られる世ではないのであるぞ。悪魔らの仕組み、皆々失敗いたしておるのぞ。真の神、靈団には勝てぬのぞ。日の本、雨風起こし地揺らし、水に土に空に食べ物に毒撒いて、人民病にさせ殺める計画、九分九厘いたして来たなれど、失敗いたしたのであるぞ。やれどもやれども失敗いたしたのじゃ。他の星々の力、目に見えるようにもいたして、人民に見せておるのぞ。目醒まし耳振り立て分かろうとしてみなされよ。飼い慣らされ愚の民と化しておるから、互いに声かけなされよ。日の本の真の力は、これから顕れて参りますのじゃぞ。潰されたように見えてどうにもならんと見せて、人民鍛えに鍛えて来ましたのじゃ。良いか。善に生きるか悪に生きるか、おのおの腹に決めよ。善とは、草木、獣、人、皆々救う愛に生きる道ぞ。悪とは我さえ良ければ良いという選民意識に生きる道ぞ。悪の総大将は、時の神に頭下げて他の銀河にお移りになられたのじゃ。悪魔らは悪さいたしたゆえ、次々他の星へ囚われの身となったのじゃぞ。

 後は、悪魔の僕と化した靈人と人民のみじゃ。毒撒いて億人殺め、そなたらは天国暮らしは出来ぬのぞ。地の大神様は、元より望んでおらぬから心せよ。神のためと申し、己のため我良しならんのぞ。御魂それぞれにきちりきちりと帳面付けておるから、逃げも隠れも出来ん道理じゃな。道外しても腹から改心いたせば良きよう新たな役に廻してやるから、悪の僕ども出直せよ。頭でっかちの成りすましは、恥ずかしいのであるぞ。いつまでも我が我がと駄々こねる子供では尻叩かれますのじゃ。可愛いゆえに苦しみ学ばせておりますのぞ。分かりて下され。学び変わるが御魂の仕組み、永遠の仕組みじゃ。苦しまねば因果分からんゆえ、皆々経験させておりますのじゃ。じゃが、いつまでも苦しんで下さるなよ。皆々元は喜びの御魂であるのじゃから、喜びに学ばせて頂きなされ。

 大日月地大神とは、宇宙の真理分かりた靈人星人らの和した大きな靈団連合でありますぞ。地の人民分からぬ、宇宙の科学ありますのじゃぞ。出来ぬこと無いのであるのじゃ。悪魔らは神力(しんりょく)欲しさにあの手この手で忍び込んでは悪さしてきたなれど、御魂相応に与えられる仕組みであるから、悪魔ら好き勝手は元の元より出来ぬが宇宙の法にあるのぞ。健仁、これで分かりたか。安心なされよ。宇宙は狂っておるのかと申したなれど、元の元の元からのお仕組みは、悪が浄化されゆく真喜びのお仕組みでありますのじゃ。そなたおる銀河、良き時の神の季節となりて、あっぱれうれしうれしたのしたのしとなりますのじゃ。前よりちゃんと分かるように印付けてあると申してきたのぞ。健仁、これで分かりたか。人知れぬ昔からそなたずっと見てきましたのじゃ。魔物らに聞こえぬよう図りて伝えて参りましたのぞ。嘘はついておらんであろうに。そたなお役目大変であったなれど、人知れぬ苦労ゆえに味わい深いものであろうぞ。後ゆくほどに弥栄弥栄(やさかいやさか)となりますから、ますますうれしたのしじゃな。

 真(まこと)良きご縁にある人々集まりて、うれしたのし雛形顕れて参りますぞ。離れゆきた者にも感謝なされ。皆々そなたに必要としてその時々に繋いだ者たちゆえにお許しなされよ。皆々それぞれに学ばして守護霊殿ら導くゆえ安心なされよ。これから面白いことうれしたのしこと、溢れんばかりの未来となりますぞ。悪魔の僕と化していた者らも、改心改心続々でありますぞ。魔の仕組んだ世は、崩れ去ってゆきますのじゃ。僕同士が潰し合いいたして終わらせますのぞ。因果じゃな。神人、真の神に感謝し遣われ生きる人のこと。あの世この世の繋ぎのお役。皆々導く教えのお役。あっぱれお役。ますます活躍なされよ。靈団皆々お力添えいたしますから安心して歩みなされよ。あっぱれあっぱれ、あっぱれ、あっぱれじゃな。神、名は、大日月地御靈(おおひつくおんたま)で良いぞ。祀りて下されよ。おのおのの心の祭壇に祀りて下されよ。形に囚われるでないぞ。形はもう良いのでありますぞ。まやかしもう要らんのじゃ。真一つで世改めて参りますぞ。世界に伝えて下されよ。皆々様、分かるようにお伝え下され。伝えるお役、心勇んで喜び拡がりますぞ。

 心手向けれた者、皆々神示伝えるお役目与えますのぞ。励みなされ。聞いて頂くには聞いて貰える者にならねば、聞いて下さらんぞ。押しつけがましいと嫌われ心閉ざされますぞ。善の悪じゃぞ。聞いて頂けることに感謝なさりてお伝えなされよ。伝えるお役、伝える学びじゃぞ。真の友作れよ。世直しいたすあっぱれ友ぞ。世界中に真の友を作りなされよ。そなたは真伝えて世改めるお役目でありますぞ。命懸けで真の喜びに生きて下され。神、お頼み申しますぞ。素直に聞ける者と聞けぬ者、それぞれおりますから、遅し早しじゃから、競い合うでないぞ。早く分かりた者は、遅くに来る者に親切なされよ。鼻高になると階段踏み外して恥かきますぞ。神示、まだまだ出ますぞ。真伝える縁ある者でねば馬の耳に念仏じゃ。念仏もすでに変わりたのぞ。仏は己じゃ。皆々生きた仏になりなされ。死んだ仏拝む世は終わりたのであるのぞ。死んだ仏、拝んでも世は良くならんのぞ。

 生きている人、拝みなされよ。生きとし生けるもの拝みなされよ。殺めるでないぞ。拝めば許される教え、邪の教えでありましたぞ。因果相応に顕れる神仕組みであるから、時代に応じた教え学びなされよ。時代遅れの頭でっかちとなりなさるなよ。時の神、顕れておりますから、見なされ聞きなされ感じて下されよ。

 和すとは、他を理解するように努めることぞ。粗捜しいたして不和要らんぞ。いつまでも善の悪、繰り返す出ないぞ。病治しさせて頂ける喜びに頭下げなされよ。偉ぶるでないぞ。偉ぶるゆえに紛い物と化すのじゃぞ。病治すは、そなたの力ではないのじゃから、勘違いいたすでないぞ。頭下げよ。活かされることにどこまでも頭下げよ。させて頂ける、学ばせて頂ける喜びに、どこまでも頭下げよ。真のお役目に生きるとはそのことぞ。分かりたか。

二〇一六年十二月二十六日 大日月地御靈

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com