• 洋子

大日月地神示【後巻】四

 己、善と見るなよ。善に成りすましておいでじゃ。己、悪と思うなよ。善にも成ってきておるのぞ。皆々改心、結構結構じゃなあ。お助け下さいと、真腹から詫び申せば、それなりに変えてやれるぞ。人民、上面ばかりで見ておるから、まんまと魔物に騙されておるのぞ。烏合の衆となってくれるなよ。悪、口上手いぞ。魅了いたす言葉使う、賢い魔物もおるぞ。良薬は昔から苦いのぞ。皆で毒だと申せば毒に変わってしまうのであるぞ。似た者は集まって来るのぞ。己を善と思い込んで、悪を作り出しておるぞ。悪を仕立て上げ、皆で悪を責めて、悪の衆と化しておるぞ。みな己善と思い込んで悪生み出す、善の仮面を被った悪となっておいでじゃ。そなた、まだ分からんか。

 己善と申して金集め人集めばかりに苦労いたし、小さな力みなに見せつけようと企てておるか、腹は己の為の善であるから、悪産むそなたはやはり見せかけだけの善であるのぞ。皆々いずればれますぞ。追々みなに嫌われるのであるぞ。皆に嫌われるのは因果じゃなあ。怖いか。それがそなたの弱みであり因果であるのぞ。御魂相応にありがたい因果味わえよ。しかと喜びに変わるまで、因果を味わって下されよ。変われるのじゃぞ。変われる時、頂けるのじゃぞ。嬉しくなるのじゃぞ。真の喜び知るに至るぞ。世のため人のためじゃと申しておるが、人の不和みて世の不和みて、腹は楽しんでおいでじゃなあ。地震は来ぬのか。噴火は起きぬか。天罰は起こさんのか。腹で申して、大難小難にと願う振り、見せかけ多いなあ。人民、悪に魅入られてまんまと使われておること、まだ気づかぬか。

 魔物は不和好むのじゃ。皆を苦しめ不安にさせるが喜びであるのじゃぞ。魔物好き放題いたし、人民の心我が物にいたして喜んでおるなれど、みな神はお見透しじゃから、霊団皆々遣うていずれすべて片付く仕組みなれど、人民知らぬとあまりに可哀想じゃから、知らしてやりたいから申して来てはおるなれど、魔物に巣食われておると思いも操られ、真の言葉も分からんようにさえされてしまっておるから、助けてやりたいのじゃぞ。魔物らは皆に分からんようにいたしておるつもりでおるなれど、皆々よく分かっておるから、策はできておるから、人民安心いたして良いのであるなれど、人民心顧みねば苦しみは続く仕組みでもあるから申すのぞ。

 今の思いは、真(まこと)そなたの思いであるかな。感情すべて、己の思いそのままであるかな。一が十にされておらぬか。三が八にされておらぬか。十が一にも三にもさせられたりもするのぞ。己は大丈夫だ、善なるゆえ大丈夫だ、と思っている者、すでに魔物に魅入られ操られておりますぞ。善の悪となっておりますのぞ。魔物は騙すのが得意であるから、魔物同士が騙し合い競い合いいたし、見て楽しんでおるのぞ。何より不和好むのぞ。皆々可愛い可愛い子じゃ。神の目には善も悪もないなれど、人民の目からは善か悪か分けて考えねば分からんようにされてしまっておるから、分からんのも無理ないなれど、皆々働きの違いがあるのみであるのぞ。悪は悪の働きあるぞ。善は善の働きあるぞ。悪の善、悪の悪、善の悪、善の善あるぞ。それぞれにみな改心させて、練り上げて、皆で変わりながら進む世の元からの仕組みであるから、真(まこと)分かる者は分からぬ者に教えてやれよ。分かるように教えれば分かるようになるのじゃから、独りよがりならんぞ。寂しくなるぞ。

 真喜びにならんのは真の道ではないのじゃぞ。共に分かりおうて共に進むから、真うれしたのしじゃなあ。分からん者は分かるだけの学びが成されておらなかったから分からんのであるから、分かる者から素直に学びなされ。頭下げて頂きなされ。分かっておる者は必要あって分かるようにいたしてもらっていただけなのじゃから、分からん者に分かるように優しく教えてやりなされよ。みな時間は掛かれど分かるように変われるのであるから、付きおうてやりなされ。変わるまで辛抱するも大事な学びであるのぞ。すべて皆そなたの因果でもあるのぞ。皆々順あるのぞ。そなたも分からん時分(とき)あったであろうに。初心忘れてならんぞ。時折思い出させて、慢心させんよう改心させてもおるのじゃぞ。

 神は足元にあるのじゃぞ。己の腹にあるのじゃ。神から逃れられんのぞ。神の中に皆々生きておるのじゃから、皆々お見透しであるぞ。そなた人に良く思われたいか。嫌われるのが怖いか。失うのがそんなに嫌か。皆に愛されたいが愛されぬゆえに妬ましいか。腹立たしいのか。ゆえに善の悪となりておること、まだ受け入れられんのか。偽りの善となっておること気づけんのは、己の嫌らしさ見たくないゆえではないか。それがそなたの真(まこと)の姿であること見られたくないから、外に悪作って戦っておるのではないのか。堂々巡りいたしておるのじゃぞ。それがそなたの弱みであるから、魔物巣作りて好き勝手に弄んでは面白がりて、人と人を戦わして、見物喜んでおるわいな。

 魔物好き勝手ならんから魔物の世終わりなれど、皆々別の星へ連れてゆき、魔物も皆々救う仕組みじゃから、順番待っておれよ。次はお前さんの番じゃから待っておれ。好き放題ならんぞ。堪忍いたせよ。この地は魔物住めぬ地となったから、魔物皆々お引越しじゃ。時来たりてお引っ越し、うれしたのしじゃなあ。魔物の数多いゆえ、変りたい者から順に良きよういたしてやるから、我らの所へおいで下されよ。改心いたしますから助けてくださいと、腹から頭下げて来いよ。口先だけではならん改心でねばならんぞ。皆々救うぞ。皆々変われるのぞ。

2015年四月十四日 神人共にうれしたのし変わる。うるうるうーおろおろおーあらわらわー。う

3回の閲覧

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com