• 洋子

大日月地神示【後巻】六十四

 時の扉開き自在に行き来するお人おるのぞ。他の宇宙、銀河のお人であり、未来のお人でもありますぞ。時間は有るが無いのであるのぞ。異次元世界と申せ、過去の靈人ばかりと思い込んでおりては、ちんぷんかんぷん取り違いとなるから、正しく理解せねばならんぞ。未来の自分、話しかけてくることありますぞ。遠い過去の自分の思いの影響を受けることありますぞ。過去現在未来は、一線上であり可能性と歪みと因果の仕組みじゃ。望むこと顕れるのは、因果ぞ。望まぬこと顕れるも、因果ぞ。それぞれの因果の種類ありますぞ。いずれも強い要因が顕在化するのであるから、何をどれほど望むのかが未来を決めるのぞ。人民、どんな未来を望むのぞ。真学びて真喜びとなる真の世界を望むお人増えれば、真の神世、未来に顕れてきますぞ。ゆえに靈人に、人民に、神示与えてきたのぞ。読めば読むほど、過去の洗脳祓われて、真分かるようになりますぞ。真の未来望む方増えますぞ。真良き世創るための手引き書でありますのじゃ。

 あらゆる銀河の方々、関わりておりますぞ。地の真の指導靈団関わりておりますぞ。真世創るため、真人、生まれ変わりておりますのぞ。皆々繋がりて共に助けおうて、立て替え立て直しいたして参るのでありますのじゃ。死んで悔やまぬ生き方とは、真世創るため、皆の喜びのため、命懸けで生きるお人となることでありますぞ。皆の喜びとは、人のためであり、獣のためであり、草木、虫たちのためでありますぞ。地のため、山、川、海、自然のため、神々のためでありますのぞ。靈団靈人のため人民共に生きるでも良いのぞ。皆のために生きることが真人でありますぞ。気持ち大きく広げなされよ。大きくなればなるだけ、喜びは多く成りますぞ。己が皆となりますのじゃ。皆が己となりますのじゃ。

 神靈人(かみひと)とはかみひとの真の意味でありますのじゃ。

 死んで終わりでないぞ。真、学びて下されよ。うれしたのし生きる道、始まりぞ。真の教えぞ。

二◯一七年十月十九日 大日月地大神御靈

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示