• 洋子

大日月地神示【後巻】六十三

 艮(うしとら)金神(こんじん)は艮大神となりて、日月地大神(ひつくおおかみ)と成りて、大日月地大神に変わられましたのぞ。宇宙、銀河の大神の中にありますのじゃ。靈人も人民も、偶像を拝むでないぞ。神殿や祭壇も要らんのでありますぞ。おのおのの心の中に設けなされよ。真分かりておらんt、心の中に神映し出来んのぞ。建物、祭壇、偶像に金かけるでないぞ。恥ずかしきこおでありますぞ。真、歪めるだけでありますのじゃ。飲めん食えんお人、世にたくさんおるのに、小さい我で大事なお金を棄てておりますぞ。命救う金の生かし方、尊いのぞ。生き金と死に金、ありますぞ。見せ掛けは、見せ掛けじゃ。綺麗な着物を着させても、心醜ければ美し輝きは出ん道理でありますのぞ。

 人は金の使い方で、心のありようがよく分かりますぞ。我良しばかりの善の仮面被りた成りすまし多いのう。苦しんでおられる方々、世界中におるのに知らん振りいたすお人、何拝んでおるのじゃ。我良しの神さま仏さま◯◯さま拝んでも、いつまでたっても救われん道理、まだ分からんか。皆が喜び暮らせる世、皆で創るが真の生き方でありますぞ。我の喜びばかりむさぼり拝むは、邪の道でありますぞ。家族や仲間は救うが、それ以外は苦しんで助け呼んでいようが、死んでおろうが、見て見ぬ振りするようなお人は、邪心に取り憑かれておりますのぞ。そなたの心にも住み着いておらんかのう。

 我良しとは、我さえ良ければ、他は苦しんでおろうがどうでも良いとする悪しき心じゃ。魔の僕と成り下がった人の姿じゃ。ゆえに善の仮面被った悪の世であると申しておるぞ。神、仏拝んでおるから、◯◯さま拝んでおるから、日々祝詞や経唱えておるから、己は善であると思うでないぞ。何を拝んでおるのか、何を願っておるか。どんな生き方をしておるか

皆々問われますのぞ。己の損得ばかり叶えて下さる神、仏とは、ちっぽけな己だけの神、仏ぞ。神、仏と言う仮面を被りた邪靈の類い拝んでおりますのぞ。人民、何拝んでおるのか顧みなされ。社も像も札も要らんぞ。

 真を拝みなされよ。真拝めん者、邪靈拝んでおりますぞ。これが、真の教えぞ。

二◯一七年十月十九日 大日月地大神御靈

54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示