• 洋子

大日月地神示【後巻】二十八

最終更新: 5月15日

真の神と魔の科学との戦(いくさ)であるのぞ。地揺らし、雨降らし、風吹かし、魔、神に成りすましての悪行の数々いたしておること、天の靈団皆々分かりておるのぞ。そなたらがいかに分らぬかということの答えであるのぞ。人民、目醒まさせねばならんから、魔の仕組み見せてもおるなれど、まだまだ真(まこと)わかる人民少ないゆえ、地の大神様と、土の星の悪魔ら植え付けた魔の科学との戦の最中でありますぞ。地の大神様と、土の星の悪魔ら植え付けた魔の科学との戦の最中でありますぞ。地の大神は、民の命奪うことせぬゆえ、人民、早合点取り違えいたして下さるなよ。人民には分からぬなれど、万分の一、千分の一、百分の一と大難を小難に変えて下さりておるのぞ。誠ありがたき思い奉らねばならんのでありますぞ。

 これまで人民の中に隠れておりた悪魔らが追い詰められて、いよいよ捨て身でかかりておるから、人民褌(ふんどし)締め直して、皆々手合わせて乗り越えねばならんのぞ。隠れておりた悪魔ら騙してあぶり出してきたゆえ、いよいよ表に出て大暴れであるから、みな本気でかかりて来ておるのでありますぞ。仮面被りて善に成りすまし、悪行いたす悪魔に洗脳された僕らよ。もう恐れ手放して目醒ますがよいぞ。そなたらの主らはとうにいなくなりておりますのぞ。皆々頭下げて、マコト改心の道を歩むがよいぞ。土の星の魔の靈人らよ。出入りいたしての悪行の数々、すべて見させて頂いておりますぞ。神人遣い操ろうとて、そなたらには使えぬ御魂ゆえ諦めなされよ。いよいよ皆々、因果の元、銀河の闇に葬られる時来ましたのぞ。そなたらの望み通り叶えてやりますから覚悟なされよ。

 悪魔の世はとうに終わりておるから、大日月地大神(おおひつくおおかみ)の光に浄められての最後の掃除洗濯に入っておりますのぞ。人民目醒まし、皆々理解いたして、手繋ぎおうて、新たな世に向かいて下されよ。目の前に顕れておる苦は、小難に変わりた神世の始まりぞ。苦にお陰落とさぬようにいたして下されよ。皆々変わる過程にある点の苦の姿でありますぞ。苦しみ悲しみ、感謝感謝に替えて下されよ。


二〇一六年四月十七日 大日月地大神大靈団御靈 申す。神人繋ぎのお役、ご苦労でありますぞ。


32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示