• 洋子

大日月地神示【後巻】二十一

最終更新: 5月15日

 離れゆく者、離れて良いのぞ。何選ぶか、それぞれにゆだねられておるのじゃから、それで良いのじゃぞ。御魂相応に受け取りて、変わりゆく因果であるのぞ。この神示、いかようにでも受け取れますぞ。八通(やとお)りに受け取れますぞ。薬にも毒にもなるぞ。ゆえにまこと縁ある御魂嬉しくなるのぞ。読めば読むほど埃取り払われて改心促し、御魂輝き、元氣になりますのじゃ。

 声出して読むのが良いぞ。言靈に変えて生きる力にいたすのじゃ。靈人らにも聞かすのぞ。波動になりて念として、良き靈団に繋がる仕組みじゃ。魔物の念、力、祓い除けられるぞ。魔物に成り下がっておる者にもよく聞かせて、苦しませ喜ばせ改心させて救うのぞ。

 神示、腹で読みなされよ。音の響き頂きなされ。頭で考え過ぎるなよ。祓い清めの力にも代えて使えるのじゃぞ。神示とは、様々な姿に代わりますのじゃ。己の氣整えて、元に戻す役目もいたすぞ。憑き物改心させ学ばせ、良き想念、氣、得られもするぞ。何度も同じところ読んでも良いぞ。氣が済むまで読みなされ。神示、味おうて下され。ありがたいありがたいと、神示よく咀嚼いたして、身に換えなされよ。洗脳解くのぞ。掃除いたすのぞ。言葉一つ一つが栄養となるぞ。病の氣に効く薬となるぞ。

 食べ物、己に見合う物頂くが真(まこと)でありますぞ。己に合わぬ物頂けば、苦しくなって参りますぞ。御魂相応、身体相応、時季相応、土地相応じゃ。食い過ぎるでないぞ。病の元であるのぞ。毒食えば苦しくなって参りますぞ。少量じゃと申しても、食べ続ければ溜まりて患い苦しむぞ。毒は少しでも毒ぞ。薬となる毒とならぬ毒とありますのじゃ。毒と薬は異なりますぞ。悪食(あくじき)、癖にいたすでないぞ。毒食らう癖、悪魔らにしつけられて、喜んで病になっておりますぞ。人が造りた毒、危うい危うい。悪魔らは人遣いてそこかしこに毒撒いて、皆々苦しめる仕掛け楽しんでおいでじゃ。見て見ぬ振りいたす人民、皆々悪魔の僕となっておりますぞ。毒造りて毒売って毒食わせて人民苦しめ、我良しの悪行極まりない恥ずかしきありようぞ。

 知らん存ぜぬは通用いたさんのじゃ。人民の命、粗末にいたす我良しの輩、恥さらすから覚悟いたせよ。腹からの改心させるから、覚悟いたせよ。脅しではないのじゃぞ。相応に制裁いたして参るのじゃ。世は変わりたのじゃぞ。新たな世に相応しいありようにいたして参るのじゃ。

 真(まこと)の教え世に広めて下されよ。皆で手分けいたして、命懸けて真(まこと)世に伝えよ。世を立て替え立て直しいたして下され。人民に手柄立てさせたいのじゃ。手柄、お陰、取り得じゃぞ。後世に残るお働き、御魂に刻まれますのぞ。誰も観ておらずともお役目うれしたのしなされよ。我ら幾億の靈人らも、ちゃんと人民ら観ておりますぞ。そなたらの動き、一つ一つ見られておりますのぞ。喜んで働きなされよ。まこと皆の喜びのために喜んでなされれば、まこと徳高いぞ。

 水、汚すでないぞ。土、汚すでないぞ。氣、汚すでないぞ。元に戻れんようにいたすでないのぞ。真の教え、地に染めて参るぞ。草木、虫けら、獣、人民、皆々救う世に立て替えるから、心勇人民集まりて、おのおののお役目いたしなされよ。生きておるうちに出来る役目いたしなされよ。まこと神靈国(かみくに)の民、目醒まされよ。世界中に真(まこと)の教え、伝えて参りなされよ。

 悪魔は我らにお任せいたしなされ。真(まこと)分かりた人民らは、悪魔に洗脳された人民らに真(まこと)の教育いたしなされよ。洗脳解けるまで、何度でも何度でも繰り返し申さねば分からんのであるぞ。悪魔らはどえらいあくどい仕組みいたしておりますぞ。衣食住医政教金(いしょくじゅういせいきょうきん)すべて企て、人民を家畜化いたす筋書きいたしておったゆえ、九割方計画通りいたしてきたなれど、これからひっくり返して参るのであるから、日の民、世界の人民救うまことの民ぞ。この度の戦、草木、虫けら、獣らも救う戦ぞ。よほど覚悟出来ておらぬと、悪魔の仕組みにやられますのじゃ。

 電気から魔力入り込みますぞ。人の意識操りに来ますぞ。負の念送り続け、人民自滅させる仕組みじゃぞ。空からも毒撒き散らしておりますぞ。要となる水にも毒撒かれ続けておりますのじゃ。命の水、守りなされよ。命の土、守りなされよ。山の木、伐るでないぞ。病の元、禍の元であるのぞ。機械の念、生きとし生ける者すべて苦しめる毒の氣、強いぞ。皆で止めさせねばならんぞ。悪魔の種、身体に入れられるでないぞ。小さな目に見えぬ機械であるぞ。人民操る目論見であるぞ。意識も身体も意のままに操られてしまうのぞ。

 人民、信じられぬであろうなれど、真の話であるぞ。善の仮面被りて悪事いたすが、悪魔のやり方。よほど人民見極める力持たねば、僕にされるぞ。雨風造りて神無きものにいたす計画。地揺らして人殺し、神悪しきものにいたす目論見。神と悪魔との戦は既に終わりておるなれど、人の世にはこれから顕れてくるのぞ。皆が見聞きいたす教えが正しきことと思うなよ。皆、話に操られておること多いぞ。お偉いさん申すから真と思うなよ。お偉いさん方、悪魔に洗脳されて言わされておること多いぞ。地の大神、苦しんでおるのは、生き物みなみな殺されておるゆえぞ。悪魔に操られた人民らに殺されておること、嘆いておられますぞ。人民、悪行に気づかねば、地の大神、いよいよ動かねばならぬやもしれぬなれど、人民お役目いたして世建て替えいたすならば、地の大神堪えに堪えて下さるぞ。ゆえに後は、靈人と共に人民が悪魔造りた仕組み諸々、皆で手分けいたし壊して下されよ。変えて下されよ。

 これ以上、生き物殺してはならんぞ。世からいなくなってしまうぞ。元に戻れぬようになりますのぞ。それで良いのか。既に一線を越えておりますのじゃぞ。悪魔らは、初めから皆々苦しめて殺すこと、愉しんできたのじゃ。悪魔に洗脳されております者、まだ操られておりますから、皆で止めさせねばなりませぬぞ。人民の学は、悪魔に植え付けられた悪の科学。自滅させるため、地を破壊させるために与えられた教えでありますのじゃ。

 この神示(ふで)、信じて腹に入れて動いて下されよ。読んで終わりでないのじゃぞ。人民、命懸けで役目いたし下されよ。皆々救って下されよ。人民動けば、我ら一人一人力添えいたしますぞ。新たな世は人民が創らねばならんのぞ。ひかり出すとはこのことぞ。

二〇一六年一月二十七日 大日月地大神大靈団御靈 記す。神人遣う

87回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示