• 洋子

大日月地神示【後巻】三十九

最終更新: 3日前

 悪魔の僕となりておる者たちよ、よく聞きなされ。そなたらは力に支配され意のままに操られ、まるで己で考えいたしておるかのように思い込まされておるのでありますぞ。負の念掻き立てられ、不和誇張させられておるに、まだ気づかんか。見掛けは善でも操り人形となりて、感情も欲求も悪魔の僕に成り下がっておりますのじゃぞ。己、よくよく見てみなされよ。真、己であるかな。成りすまし、人民に憑いて、ワヤにいたしておるに分からんかのう。欲掻き立てられて人が獣となっておりますのじゃ。己で己、舵取り出来ておるかな。憑き物、やりたい放題いたしておりますぞ。食に狂うて貪り食うておりますのぞ。色に狂うて肉欲のまま不貞繰り返しておりますぞ。金に狂うて人々騙し笑(わろ)うておりますのぞ。己が己がと我が物顔でいがみおうて楽しんでおりますぞ。生きるが苦しいと申し死ばかり考えておりますのじゃ。皆々悪魔の僕となりて心身共に操られ、やりたい放題の世となっておるにまだ分からん

か。早う人民、目醒ましなされ。

 目覚めた人民よ、隠れておらず表出て皆々導きなされよ。真の言葉、聞きなされ。皆々救いたいゆえ、くどう申してきておるのじゃぞ。ここより他に真の神示(ふで)出んのじゃから申すぞ。成りすましの魔に操られた靈媒だらけぞ。見極め足らんとワヤにされますぞ。この神示(ふで)、よくよくお読み下されよ。真見極める力、それぞれに養うて下されよ。何度でも声出して、皆に聞かせるように、腹に落とし込むようお読み下されよ。悪魔らの洗脳解く、毒抜きいたす書でありますぞ。悪魔ら改心さす、僕となりた者ら目醒ます言靈、綴らせてありますのじゃ。素直に聞ける人民まだまだ少ないなれど、縁ある者繋ぎて神一厘の仕組み成就さすから、仕組み隆々先々楽しみに、流れに御魂委ね下されよ。言霊光りて闇照らしますのぞ。もうすでに始まっておりますのじゃぞ。

 縁あり集いた人民よ、胸に正十字〇(せいじゅうじまる)指で描いて両手当てて、むーうーるーうーーと申し、大日月地大神御靈祓え給え浄め給え守り給え、ひーふーみーよーいーー、と何度でも宜(の)りて下されよ。締めの言葉は、うーるーうーおーー、で良いぞ。これ、祓い浄めの言靈でありますぞ。皆々様、悪魔の僕となりて弱み握られ身動き取れんでおりますから、真の祓い浄め出来んのでありますのぞ。嘘で申さんぞ。神人、古より真申すお役与えてありますから、縁ある者集まりて話聞いて下されよ。我ら靈団の足場となりて過去より生まれ変わり、貴いお役いたしておる真のお繋ぎ役であるゆえ、人民心配いらんぞ。鏡のお役であるゆえ、御魂相応に皆を映し出しますぞ。騙せば騙されますぞ。けなせばけなされますのぞ。己の御魂、みな相応に見させて頂きなされ。なかなか出来んたいそうなお役、一人で日夜いたし下さっておられる貴い方でありますのぞ。神人繋ぎのお役ゆえ、自分で申しておるようにみな思いて、人民分からんから鼻で笑う者多いなれど、靈団靈人の手足となりての靈媒のお役ゆえでありますから、人民思う花高さんとは違いますのじゃぞ。真の姿、皆々知らんだけでありますぞ。そなたらの遠い先祖御魂にあたる方でもありますのじゃ。

 ゆえに生まれ変わりて、皆のため日夜、己容れ物となりて、この世とあの世行き来いたしながら、祓い浄めの儀なさっておられますのぞ。人民は分からんでも良いことなれど、申さねば悪く申されるから申しておきますぞ。縁ある者次々引き寄せておるから、皆々仲良う共に歩まれ下されよ。あっぱれあおっぱれでありますぞ。まだまだ縁ある者ありますぞ。皆々次々御魂磨きいたし、心開いて〇に集いなされよ。

 しかし真良き縁にある者以外、この御魂に関われんのぞ。皆々身魂祓い浄め、ふるいに掛けますゆえ、自ずと己の因果に苦しみますのぞ。覚悟いたして参りなされよ。苦しみ顕れたら己の因果に苦しみますのぞ。覚悟いたして参りなされよ。苦しみ顕れたら己の因縁祓い、身魂磨きさせて頂いていると思いなされ。神人悪く申すはお門違いぞ。真分らぬ者、魔物の僕になりておる者でありますから、みな気つけおくのぞ。これ、真でありますのじゃ。公に嘘は申さんぞ。


 あーわーやーらーわー

 えーめーゑーれーえー

 うーるーうーるーうー

 おーろーおーろーおー

 うーーーーおーーーー

 らーーーーわーーーー

 よーーーーふーーーー

 かーみーひーとーーー

 あーらーわーるーるー

 うーるーうーおーーーー

 かわるかわるかわるかわるかわるかわる

 かわるかわるかわるかわるかわるかわる

 むーーーひーふーみーよーいーむーなーやーここのたりーうーーーー



二〇一六年八月二十五日 おおひつくおおかみおんたまー

あーわーやーらーわーうーるーうーるーうー

神人共に変わる。大神御靈 繋ぐ。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示