• 洋子

大日月地神示【後巻】三十三

最終更新: 5月15日

 神事(かみごと)は、神奉(たてまつ)りしこと。神とは、宇宙であり、日月地星すべてであり、自然、神羅万象であり、愛であり、歓喜であり、光であり、闇であり、生であり、死であり、心であり、命在るもの顕す意であるぞ。まこと、もとであるぞ。みたま かみ まことであるぞ。願い叶えるは、靈人であるぞ。靈人は人民の友でありますぞ。親しきものでありますぞ。ゆえに守護靈殿、指導靈殿と申し感謝いたされよ。他の靈人らは、皆生まれ変わりて学び下されよ。

 神奉るとは、人の生き方で申すならば自然破壊せぬ生き方ぞ。水、気、土、山、川、海、一切汚染せぬ生き方ぞ。真世(まことよ)の仕組み顕す在り方ぞ。今の人民、魔物らに尻敷かれた外道の仕組みに生きておるぞ。人さえ良けりゃ良いと申すは、傲慢極まりなき悪魔の僕と化して操られておるのぞ。真(まこと)の人民の生き方は、万民(ばんみん)に対し、獣にも草木にも虫けらにも優しくいたすが元の元の元の教え。大いなる和、他一切を貴ぶ生き方、喜び著すことでありますぞ。

 他貴ぶこと教えぬ世は、悪魔の世。金の世とは、人民、悪魔らの僕にいたし、逆らえぬように作り上げた仕組み。悪魔らの負の遺産じゃ。いつまで金崇めておいでかな。一割もおらぬ者が食い切れんだけ皆から取り上げて、九割の者ら食えんで苦しんでおっても、知らん存ぜぬでもまだ分らぬか。悪魔に騙されておっても、人民まだ目覚めたくないのか。皆で分けて皆が食える世が、真の世の姿ぞ。早う目醒ましなされよ。モノに執着いたすでないぞ。癖、手放せよ。恥ずかしきことであるのぞ。世は変わるぞ。既に変わりてもおるぞ。悪魔らは、わしらが皆々捕まえて引っ張り出しておりますから、いよいよ逃げも隠れも出来ぬから、捕まるのも時間の問題なれど、人民いつまでも騙されて、金じゃ金じゃと申すでないぞ。騙されておること威張るでないぞ。持ちきれぬほど抱えておっても誰も喜びにはならんであろうに。

 皆に認められたいか。皆に愛されたいか。ならば、皆々お上げなされよ。欲しい者らに、どんどんくれてやりなされ。皆々喜びますぞ。そなた皆に愛されますぞ。友、たくさん出来ますぞ。人より多く持っておっても何もならん。皆で使わねば喜びは小さいのでありますぞ。人民、小さいなあ。小さい器の輩、まだまだ偉そうにいたしておるなあ。鼻ぽきんと折れて花咲かせますぞ。皆様に見て頂き、笑って貰いなされよ。頭下げるのぞ。どこまでも頭下げて、腹からお詫び申せば良いのでありますぞ。

 人民、皆で手分けいたして分け合う仕組み、お考えなされよ。政(まつり)は、人民みなみな喜ばす仕組み考えることでありますのじゃ。靈団靈人はお手伝いじゃ。金集め人集め、一部の者らの私利私欲満たす仕組みは、もう要らんのでありますぞ。いよいよ世のお偉いさん、すべて丸裸にされて笑われるようになりますから覚悟いたされよ。靈団靈人も次々改心いたし、魔の仕組みも解体いたし無くしておるのじゃから、いずれ人民の世にも顕れて来るなれど、人民、魔物ら腹に入れておっては苦しみ長引かせるから、塩飲ませ塩漬けにせぬと目醒めぬようではまったく役に立たぬから、早う癖、思い込み手放せよ。

 他の星の方々、皆々ご覧になられておりますぞ。そなたらのご先祖様らじゃ。地の民の肉体創りたご先祖様方でありますのぞ。星が違えど家族同胞(はらから)と思いて見守っておいでじゃ。立派でありますぞ。そなたらの成長見守りて必要に応じて、見返り求めずとも人民のためにお働き下さっておりますのじゃ。真の祖先は、墓の中にはおらんぞ。空の上から船乗りて、地見廻しておりますのぞ。これ例えで申してはおらんのぞ。悪さいたした星の者らは、おのおの見合った行(ぎょう)致さすため、既に地にはおらんのでありますから、人民安心して良いのぞ。靈団靈人も怖がらなくとも、もう良いのでありますぞ。地は、目覚めた靈人、人民らに任せて参るから、早う真学びておのおのお役目にお喜び下され。皆々必要なお役、元より与えてあるから、目覚めた者から順にうれしたのしあっぱれお役に生きられますぞ。

 手放せよ。執着、手放せよ。癖、外せよ。己に言い聞かせよ。己は変わる変わる変わると、真の己に変わる変わる変わると、何度でも言い聞かせよ。御魂、震えるぞ。力出すぞ。執着、癖、吹っ飛びますぞ。真の己が世に現れて参りますぞ。皆々様方に喜んで頂ける貴き者にそなた変わりますのじゃ。求めよ。まずは人民、真求めるところからじゃ。

https://vimeo.com/442995442?fbclid=IwAR1SoTrW5_m7ND-JkdMq86WyjwUZN2Dh2sQFbu_NBLYek7wGaespl0aA7f4


二〇一六年六月十六日 大日月地大神大靈団御靈 変わる変わる変わる世の仕組み現る。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示