• 洋子

大日月地神示【後巻】七十二

更新日:5月31日

 悪しき思いある者、魔の足場となりて不和広げる企ていたすから気つけよ。成りすまして紛れ込んでまいるから騙されるでないぞ。よくよく見極めて、善行へと上手く導いて下され。悪しき思いは寂しさからじゃ。報われぬという思い込みの残像じゃぞ。自己を否定いたし、己特別な者になりたいという顕示欲の現れでありますのぞ。自分大切に出来ぬと、自分虐めいたし苦しむのぞ。今の自分を足場に一つ一つ理解を深め、認め許し手放せよ。改心改心ぞ。己大切に出来ぬ者、他大切には出来ぬぞ。己に詫びよ。感謝申せよ。

 一時(いっとき)の怒りに操られるでないぞ。囚われ続けるでないぞ。魔の誘いじゃ。怒りに慣れると他を悪者にいたし、不和広げること、己を正当化する癖、ますます大きくするのじゃぞ。言葉、気つけよ。もの生むぞ。もの壊すぞ。もの失うぞ。言葉となる前に思考あるぞ。感情あるのじゃ。己が選ばねばならんのじゃぞ。選ばねば、いいように操られるぞ。しっちゃかめっちゃかにされるのであるから、魔の囁きに心許すでないぞ。言葉、くれぐれも気つけなされよ。言葉、選びなされよ。己を高めるとは、念(ねん)言(げん)行(ぎょう)、選ぶことでもあるのじゃ。

 ゆえに、神示読みなされ。何度も何度も読みなされよ。神示、元にしなされ。腹に落とし込み、身になされ。神示、八通(やとお)りに読めると申しておるが、馬鹿正直に鵜呑みにするでないぞ。八通りとは、八つでないのじゃぞ。十人十色、百人百色じゃ。そなた読む度に受け取り方、変わりますのぞ。己、変化し続けるものであるからぞ。

 人集めいたして、人操るでないぞ。それぞれに読んで良いのじゃから、集いて読まんでも良いぞ。縁ある者、集いても良いのじゃが、宗教団体の真似事は要らんぞ。靈団、頼んでもおらんぞ。どこぞの団体みたいに、教え盾にして人集めし、偉そうに振舞うでないぞ。そなたらがしておること、悪魔の真似事じゃ。ねばならぬと思い込み、教えに囚われて下さるなよ。すでに囚われておりますぞ。人民、縛りつけるでないぞ。よく考えてみなされ。足元、周り、よくよく見て見なされ。なぜ、己は人集めいたすのかな。世のため人のためと称して、人集め出来る者になりたいからではないのかな。この神示、金儲け人儲けに使うでないぞ。それぞれに読んで良いと申してあろうがな。己が己に読み聞かすのじゃ。己に関わりておる靈人方にも読み聞かすのじゃぞ。

 世の宗教団体のあり方、間違っておりますぞ。皆で同じことする、同じように教え読むこと、真ではないのじゃぞ。同じようにさせるやり方、悪魔らのやり方ぞ。元々皆々違うが答えであるから、皆々違って良いようにするのが、真の善の教えぞ。ねばならんと押し付けるのは、魔の洗脳と変わらん変わらん。魔の僕とは、そのことでもありますぞ。

 各教祖亡きあとの世襲、お止めなされ。子、孫、真の分かる者生まれるとは限らんぞ。善の者とは決まっておらんのじゃ。悪の者、生まれることよくあるぞ。ゆえに教祖は、一人で終わりじゃ。社も寺も教会も、皆々間違っておりますぞ。時代相応に現れて

おるでないか。その時代に合わせたお方、お生まれになられてご活動なされておりますのじゃ。

 我が宗教、宗派、教団が一番じゃと申して、頑なになりておるのは、皆々団体に洗脳されておるゆえでありますぞ。力欲しさに、金じゃ人じゃと善の仮面被りて悪行いたしておること、見透しでありますぞ。税金逃れ多いなぁ。無駄な建物も多いぞ。名挙げたさに、衣替え色替え、見かけだけのお偉いさん多いのう。恥しい恥しい。己、己に洗脳されておりますのじゃ。変身願望の末の結果でありますのぞ。手放せよ。手放せば楽になりますぞ。

 無宗教じゃ無神論じゃと申すお方も同じでありますぞ。無宗教、無神論という言葉美化いたし、己の思い込みに酔うておりますのじゃ。宗教、悪ではないぞ。じゃが、善でもないぞ。個々の捉え方一つでありますのぞ。

 真、一つぞ。真、無限ぞ。四方八方、◯ぞ。◎ぞ。・ぞ。囚われると分からんぞ。深い広い歓喜でありますのじゃ。

 キリストの教えも、釈迦の教えも、マホメットの言葉も、誰も彼も皆々、正しくもない、間違いでもないのじゃ。初めから良くも悪くもあり、良くも悪くもないのじゃぞ。良くも悪くも常に変化し続けているだけでありますのじゃ。人の意識が変えるのじゃぞ。教えかき集めて、混ぜこぜのごった煮食わせて、喜ばせてきたのじゃ。当たるも八卦当たらぬも八卦、統括するための方便、作り話、神話、多いのう。時代に応じて変化してきておるのじゃぞ。

 ゆえに時代相応の神人生まれさせ、真説いて聞かせてきておるのじゃ。地の民よ、聞く耳持てるかのう。真、聞く気持ちあるかな。人の思考は、どこから来るものぞ。悟れれば、真、神の心、神の智、知るのぞ。靈も人も皆々神の一部、神の顕れでありますのじゃ。

 この神示、世界中の民に読ませて下され。すべての者救う書となりますぞ。神、お頼みいたしますぞ。

二◯一七年十二月二十七日 大日月地大神御靈

143回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示