• 洋子

大日月地神示【前巻】「ら」の巻

 皆々うれしうれしたのしたのしとなり、世は花開く。艮金神、すべてに充ち満つ世となる。真言(まこと)、みな真(まこと)となりて、あのおのうとなる。これ皆、神界(しんかい)の秘文(ひふみ)でありたなれど、時来たりて映す。今、これにある御魂、神人(かみひと)として遣うておるが、季節共にかわりゆく。今は、神示(ふで)映すお役、歌唄うお役、伝えるお役、鏡のお役、挟みのお役であるなれど、これからは皆に映すお役ともなる。それぞれに必要なことも映すゆえ、何でも聞きなされ。その度に、神々も霊人殿も入れ替わり申さすゆえ、素直に聞きなされ。我強い者、覚悟いたされよ。誉め事ばかりでないゆえ、身魂磨いてから来なされよ。この者、一人では対応しきれんゆえに商売させぬなれど、この道縁ある者引き寄せてそれぞれに言葉授けるゆえ喜んで来なされ。御魂磨き一等ざぞ。隠しておいたこの御魂、いよいよ遣って表出て参るから、縁ある者喜んで来て下されよ。健仁、皆に見せて生き承認として分かるようにいたさすから、覚悟良いな。

 これからは、にっちもさっちもゆかぬ世となるから人民狂うなれど、この道縁ある者たちしっかりと褌締めて、縁ある者たちを導かねばならんぞ。まずは食う物無くなるゆえ、今のうちから対応して参りなされ。水も無くなるゆえ、大切にしなされ。奪い合いが多くなるゆえ、皆で取り決めて分配する仕組み考えなされ。金要らぬようになるから、今のうちに畑買うて、皆で耕しなされ。いよいよ、国も国として手つけられなくなるから、その時は、新しい世界(くに)みなで造る気持ちで、今のうちから準備なされ。金の要らぬ世の始まりじゃ。

 獣、草木、虫けら、殺すでないぞ。みな大切にいたせ。何も食うなと申しておるのでないぞ。大切に生かしきれと申すのぞ。じゃが、食うと無くなるぞ。ようく考えて皆で歩まれよ。

 裏切る者も多く出て参るなれど、ふるいに掛けられるから、ほっときなされ。よほどしっかりせねば、生きてゆかれんぞ。因縁だけの借金は返さねばならんのう。困った時の神頼みは、それだけの改心してからのこと。因縁だけ苦しみなされよ。苦しんで汚れ落としてもらいなされよ。罰ではないのじゃぞ。神に罰はないのじゃ。因果であるぞ。人民、因果知ること大切ぞ。新しい世の礎となるのじゃ。ゆえに他を愛すること真(まこと)とし生きる人民ばかりが、新たに遣う臣民として残るのじゃぞ。分かりたか。いよいよ、苦しくて嬉しい世の幕開けじゃ。あっぱれあっぱれ。


2007年七月七日 艮金神 うれしうれしたのしたのし日となった。

2回の閲覧

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com