• 洋子

大日月地神示【前巻】「よ」の巻


 何ゆえ素直に人民なさらんか。まこと 理解しておらんゆえにであるのぞ。霊も無い、神は都合の良い小使いと思うておるからぞ。そういう教えも想念界も無くなるぞ。恥ずかしくて表立って言えんようになりますぞ。宗教も無宗教も まこと 分かりておらん者、みな海に沈みますぞ。海も浄めの力、今は弱まっておるが、いよいよとなりたら、どんでん返しあるから恐れるでないぞ。どこまでも世の変わり、うれしたのしでお過ごし下されよ。それだけの働きいたして進みなされよ。

 見物人は黙って大人しく見ていなされ。何もせず、ただ見ておるがよいぞ。何もせぬ人民、いよいよ恥ずかしくなるぞ。どこまでも真の阿呆(あほう)結構ぞ。罵られようが笑われようが、そなたこの道歩むこと、うれしたのしであるぞ。何も恐れず、素直に参られよ。世が開ければ間違い申しておらなかったこと、いずれ分かるゆえに、このまま歩まれよ。怖れは怖れ生むゆえに、この神と話いたして参れよ。霊はもう良いぞ。霊憑(れいがか)りは疲れるだけじゃ。それぞれのお役、何も霊憑りいたして人民の機嫌取りなさらんでも良いぞ。そなた、そなたのお役目いたし結構結構。誰に分からんお役目ご苦労ぞ。進めよ。それで良いぞ。

 笑え笑え、笑う門に福来る。笑え笑え。そうじゃ。どこまでも今生にあるそなた映し、笑いなされ。何もかもすっくり変えてしまうこの仕組み、どれだけ嬉しいか分かりて参るぞ。まだ分からんであろうが、分からん者は分からんであるゆえ、親の言うこと素直に聞ける子、難なく苦しまんでお変わりなされますぞ。

 科学科学と人民の科学は、他の星の方々がお与えなさったものなれど、いずれは皆々分かるであろうなれど、それぞれの御魂寄せ集め、真の学びさせておるのじゃから、このこと理解すれば、この地は宇宙の雛形であること、自ずと良く分かるぞ。それぞれの因果も集約いたし見せておるのじゃぞ。宇宙の民らよ、良く見なされよ。聞きなされよ。そなたらの星、何ゆえそうなりたか理解せよ。この星、我の物とお考えなれば、ますます慢心大きくなりて、自滅いたすゆえ気をつけなされよ。御魂相応にそれぞれ分けるから、間違いない仕組みであるから、末代変わらぬ順つけて、それなり御魂相応のお役つけて、新しい礎といたすから心得なされよ。

 大神には、分け隔て無いのじゃが、区別いたさねば何事もまとめられん道理じゃのう。そなた、悪自由に凝り固まっておるゆえに、好き勝手生きることこそが真の喜びであると、まだ思い込んでおるなれど、よく見てみなされ、皆々因果であろうに。息苦しくなりて、みな苦しんでおろうに、まだ分からんか。真の自由とは、大歓喜へと向かうことのみでありますぞ。喜びとは、神へ導かれゆくことでありますぞ。神とは、本体は喜びそのもの。そなたらの生みの親でありますぞ。親に抱かれて、うれしうれしたのしたのしと暮らすこと、真の喜びでありますぞ。ゆえに、もうしてならんということ分かりたなら、まこと腹に据え、今生を真(まこと)に生きて下されよ。

 環境破壊とは、神を無きものといたした因果じゃのう。親苦しめならんぞ。人民よ、目覚めたか。この者遣うて申しておること、いつまでも偽物じゃ、憑き物じゃ、作り話じゃと申すお偉い方々まだまだ多いなれど、いよいよ神人(かみひと)表出てまこと伝えてゆくゆえに、縁ある者集って下されよ。何も心配せず、伝えて参れ。どこまでも阿呆になりて、この道伝えて下され。褒美やるぞ。苦しむなよ。愉しめよ。それぞれの思いある、ゆえにそれぞれぞ。何も恐れず、このままゆかれよ。唄いなされ。伝えなされ。皆々集まるぞ。

 この方申すこと、ちっとも狂い無いぞ。何も淋しくないぞ。皆々常にお前さんとおるぞ。人民、分かる御魂、手助けして下さるぞ。縁ある御魂、引き寄せておるから大丈夫じゃ。どこまでも己捨てて生きて下され。隠さず、この道表に出しなされ。怖がらんでよいぞ。書といたせ。それで皆にお渡し下され。縁ある者自ずと手にいたし、お喜び頂けるようになりておるぞ。間違いないから、そのまま世に出せ。ここも使えんようになるゆえ申しおるのじゃぞ。それぞれ縁ある者の手元に置かねばならん時来るから、書き写すのじゃぞ。

 これまでは映しのお役でありたが、これからは挟みのお役となりて、これ伝えよ。縁ある者に伝え下され。宗教ではないぞ。教えぞ。金儲けならんぞ。要らん金生むなよ。要るだけ貰えばよい。要るだけあれば、後は要る所へと廻ってゆくぞ。誠の金とは、要るだけあればそれで良いのじゃ。溜めるなよ。奪うなよ。世に廻せよ。世界中の民に廻せよ。溜める者いよいよ笑われますぞ。見て分かるとは、そのことぞ。次第に要らなくなるぞ。要るのは、もう暫くのことじゃ。金は人民縛る道具でありたぞ。便を装い生んだ縛りの仕組み。魔物の仕組みに、いつまでも縛られておるなよ。無き物いよいよ無くいたすぞ。要らん物いよいよ無くいたすぞ。

 水、皆で分けよ。奪い合うなよ。皆で分けお暮しなされ。地は大変りじゃ。生まれ変わりぞ。衣替えいたすのじゃから、ちと暫く人民辛抱いたされ。死んでも生まれ変われるゆえ、苦しまず喜んで死になされよ。じゃと申して自ら死ぬなよ。取り違い禁物じゃ。危うい危うい。霊となりても苦しまんよう、神に抱かれていなされ。身体、変るぞ。みな変わるぞ。それぞれに変わるぞ。宇宙全体が変わってゆくのじゃ。人民に見当とれん。分からんでよいぞ。分からんで愉しむが真(まこと)ぞ。それぞれお役にうれしたのしやお暮し下され。分かりやすう説いて聞かせておるのじゃぞ。偽物偽物申すそなた、難しくややおしく申して分からんから、ここまで平とう説いておるのじゃ。この御魂、天明(てんめい)付けて分かりやすく申さしておるのじゃから、いよいよ裏方話いたさねばならんのう。これも皆々仕組み通りであるなれど、元からの仕組み、分かる方おらんのぞ。伝える時に伝えて来ておるなれど、分からん者はどこまでも分からんから聞き耳持たんなれど、いよいよ縁ある者には、この御魂遣って伝えて参るから、喜んで集って下され。要らん者、毒となるゆえ、引っ張って下さるなよ。見透しゆえに、何もかも来んで良いぞ。縁ある者とは、喜び勇んで来る者のみじゃ。己よくよく見分けてから来なされよ。その人相応にもの申すゆえ、恥し思いせんよう身魂磨いて参りなされ。

 生命(いのち)貴し生けるもの、みな大事なお役目あるのぞ。殺すなよ。壊すでないぞと申せば、生きてゆけぬと申す方多いのう。殺すでないぞとは、生かせよと申すことぞ。無駄にいたすなよと申すことじゃ。感謝なさり無駄になさるなと申す事ぞ。誠の感謝いたされよ。命頂いたお詫びいたし、生かさせてもらえること感謝いたされよ。草木、虫けら、獣、皆々生かせよ。壊すなよとは、苦しませるなと申すこと。みな苦しむまで壊すなと申しておるのじゃ。殺すなよ。友、殺すなよ。皆いなくなるぞ。人民いよいよ半分となるぞ。三分の一、難しいぞ。自ずとなるのじゃ。獣、草木、虫けらいなくなれば、そなたらも無くなる道理。因果だけのこと、人民みなで払いなされ。借金済ましとはそのことじゃ。因果狂わすことならん。ゆえに他の星の方々手出しならん。そなたらも因果だけ払わねばならんのぞ。そなたらがもたらした科学がこうしたのじゃから、人民共々借金済ませれよ。みな分からんであろうが、他の星の者が来て、それぞれに知恵付けさして、それぞれの御魂栄えさせて来たのじゃが、結果揉めさせてこうして人民苦しめることとなったのじゃから、そのツケ払わねばならんのぞ。どうじゃ、因果であろうに。

 想念界から巧みに入り込んで、人民手なずけて事運ぼうとして来た因果は免れんぞ。どこまでも苦しまねばならんぞ。この地、大神見ておる雛形であるゆえ、そなたらもどこへも逃げられんぞ。すべて見透しじゃ。己どもの星壊して、次々蝕むこと、もうならんぞ。魔物の親、この方でもあるぞ。そなたらの真の大親であるぞ。逃げられん。勝ち目も無いぞ。皆々手のひらじゃ。これが、世の元からのお仕組みでありたぞ。人民、目覚めよ。まこと 理解いたし歩まれよ。新しい能力次々現れ、びっくりじゃのう。真の神人となりて、お役目一斉にいたし下され。そろそろ数も揃うて来たぞ。これから一気に変わりゆきますぞ。生まれ変わりの仕組みいたすぞ。魔物、総宴会は消えますぞ。次に進めよ。お役替えさせて頂けよ。人民、時間差あるぞ。そなたらの世界は後から顕れて参るから心いたされよ。何事も霊の世界から始まりますのじゃ。要らん想念界一掃じゃ。いよいよ変わって参りたのう。うれしうれしたのしたのしはじまりはじまり。人民楽しみにいたして下されよ。もう暫くの辛抱じゃ。


2007年六月十四日 艮金神 うれしうれしたのしたのしとなりましたぞ。


2回の閲覧

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com