• 洋子

大日月地神示【前巻】「み」の巻

 これから申すことよくお聞き下され。これでもないあれでもないと、あっちにうろうろこっちにうろうろ、どこに行ってもうたかたじゃ。堂々巡りじゃ。真分からんと訳の分からん虫湧くぞ。イライラ虫じゃ。終いに何もかも壊したくなってしもうて己さえ失くしてしまうぞ。これでもないあれでもない、何が真(まこと)かと申す人民多いなれど、それもこれもみな己の我が邪魔しておるから、ますます訳の分からんこととなるのじゃ。これと信じたら付いてみよれ。己の選択じゃ。心の洗濯じゃ。身体のお掃除でありますぞ。まだまだ皆々後ろ向きで歩いておるのう。前見て歩かんと危うい危うい。見てはおれんぞ。どれ、どこの誰が何をしておるか、ようく見ておくぞ。それぞれの鏡に映るから嘘はつけんぞ。帳面も付けておくぞ。我が邪魔しておるから、何もかも分からんことになって、失うもの多くなりておることまだ分からんか。

 そなたは考え過ぎじゃぞ。考えれば考えるほど、欲溢れて来るぞ。何が一番ほしいか申してみよれ。それがそなたの繋がっておる世界じゃ。金欲しいか。土地欲しいか。何もかも皆々人民のもの無いと申しておろう。そなたらは、この神の中に生きておるのじゃ、歩いておるのじゃから、そなたらの物というもの、何一つ無いであろうに。まだまだ、お分かりになれんお方多いから、もう暫く待たねばならんのう。それぞれ皆々神の身体貸して学ばせて新しい仕組み作らして、うれしうれしたのしたのしの世、与える計画なれど、皆々うれしうれしたのしたのしの世、まだ要らんのかのう。要らんと思う者、いよいよ無くいたすぞ。自ずと消えてしまうぞ。他の星のお方、あまりに入り過ぎておるから、ますまずややこしいのう。どうじゃ、そなたらも無くいたすか。

 神人みな分からん苦労さしておるが、分かる者には分かるようにもいたしておるから、仲良ういたされよ。何も心配ないから、これからますます皆々様、共に浄化なされ。神人とは、そなたであるぞ。唄うとは、うれしたのし生きることぞ。皆々神人となりなされよ。神とは、うれしたのし生かす仕組み。生命育む仕組み。神は喜びぞ。大歓喜ぞ。歓喜無いものみな無くしてしまうぞ。己で無くなってしまうのぞ。今を足場に喜び、感謝感謝で生きてみなされ。自ずと天国暮らしじゃ。皆、神を取り違うておざるぞ。皆、神とは何か、分からんと思えば分からんのう。そなたは、何ゆえに生きておられるか。申してみよれ。何ゆえに、呼吸しておるか。心臓が動くのは何ゆえじゃ。医者も分からんのう。分からん者に聞いてもますます分からんのう。

 どうじゃ、神の申すこと、聞いてくれぬか。神は、人には憑(かか)らんと申すお偉い殿。神は、そなたには憑れんのう。分からん者は分からんで良いのじゃ。素直に聞くが一等であるぞ。霊人ともなるぞ。何にでもなれるのが神でもあるぞ。木も石も、火も風も水も、皆々神の姿ぞ。これで分かりたか。この方、この地の親神じゃ。そなたら長年無きものといたしておりた地の大神じゃ。驚くぞ。この地、皆々この方の身体じゃ。この方、皆の身体でもあるのじゃぞ。この方、皆に身体貸しておるのじゃ。何もかも貸しておるのじゃぞ。そなたの物、何一つ無いぞ。そなたの思いも、皆々大神の思いの中にあるぞ。この方の親神でもあるのぞ。これが皆、隠しておいた秘文(ひふみ)でありたぞ。この方、色々な神人遣うて申しておるから、世界中現れておるぞ。変わるぞ。世は大きく変わるのぞ。魔物、皆々この方の子であるが、そろそろ大事なお役に変えねばならんから、心して下されよ。お役ご苦労でありたぞ。

 石油、そなたも使うておるが、この方の血ぞ。水、この方の体液ぞ。よくこれまで汚して下さったなあ。これでは、皆々共倒れになりてしまうぞ。苦しむのは分かりておろう。いつまで金にしがみついてなさるか。金もこの方の身じゃ。要らんものは無くいたすぞ。人遣うて無くいたさすぞ。遣える人民まだまだ少ないから、早うこの方の足場となりてお働き下されよ。そのためには掃除してくだされ。汚れた家には人は呼べぬぞ。喜び無いぞ。分かりやすう説いておるのじゃから、そなたの都合のいいように早合点なさるなよ。肝心ぞ。この方、皆に変わって貰いとうてうずうずぞ。なかなか待つ身もご苦労ぞ。そなた、この方の身大事に掃除なさって迎えてくれぬか。用意できた者から順に、霊人殿共にお働きさすから、神、お頼み申すぞ。親心、皆々お分かり下され。これからは、うれしたのしの世創る仕事、いくらでもあるのぞ。

 古い教えはもう要らんぞ。金、捨てて下され。もう暫くの辛抱なれど、何十年もかからんぞ。その方変わるには一秒あれば足るのぞ。どうじゃ、分かりたか。この神人、この方の手足となりて、こうして書かせておるのは、皆に見せておるのぞ。この方、いくらでも憑れるのじゃぞ。すべての者に憑れるのじゃぞ。これでも分からん者は、これからは苦しまんとならんぞ。神には罰は無いのじゃが、自ずと苦しむ仕組みであるから、百年続けて皆に伝えて来ておるぞ。これで分かりたか。この方、皆に伝えて来ておるのじゃぞ。それぞれこの神示伝えなされ。筆からパソコンに変わりたように世も変わるぞ。皆々進化いたすのじゃ。これも皆、仕組みじゃぞ。

 どこまでも書くこと切り無いなれど、こうしてそなたの成長を見ておるのぞ。そなたもわしの大事な子じゃ。足元に気つけとは、地の神、この方のことぞ。皆、足元から生まれて出て来たのじゃぞ。これ皆、嘘偽り無いであろうに。目醒ましなされ。無神論もじき淋しくなるぞ。霊、皆々霊であるぞ。分かりたか。身体は、この方の肉体分けて皆に貸しておるのぞ。どうじゃ、分かりたか。一つ一つ分かったら皆々出直して、神憑れる容れ物となりて、うれしうれしとお働き下されよ。まだまだ数が足りんぞ。神は今か今かと待ちておるぞ。神憑りとは喜び生きる神人じゃ。地の喜びの子じゃ。分かりたか。皆々お伝えなされ。金は要らんぞ。ただでお伝えなされ。金取る宗教、じきに終わるぞ。


2007年二月二十七日 艮金神

1回の閲覧

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com