• 洋子

大日月地神示【前巻】「ふ」の巻

 これからのこと、しっかり申すから、皆よく聞きなされよ。皆々己申すこと、一つ一つ審神(さにわ)して下されよ。己、審神(さにわ)せねばならん時であるぞ。皆々己の言葉、己の意と思うておるのか。己の思いは、それぞれ違うことあるぞ。気づかん人民多いから、何ゆえそう申したのか、そのような事を申した覚えが無いとか、いよいよ苦しみもがき、氣が参って来ることあるから申すぞ。想念とは、星の数ほど無限にあるから分からんものじゃが、分からん事学ぶために生まれておること悟れよ。それぞれに違う想いがあるから形も違うのじゃ。違うがゆえに争い、また喜びともなるのじゃぞ。それぞれに付いておられる霊人殿によって、想いが変わるぞ。守護霊殿変われば、そなた住むところも変わるぞ。仕事も変わるぞ。それぞれの守護霊殿改心なされば、己も改心なさるのじゃ。

 己の身体ではないのじゃから、早う目覚めて下されよ。己、みたま であるぞ。地の大神様の御身体お借りいたし、あらゆる想念学ばせて頂いておるのじゃ。そして、それぞれに縁ある霊人殿守護付けさして、繰り返し学ばせておるのじゃ。霊人殿も共に学んでおるのじゃぞ。そなたは、因縁だけのこと学ばねばならん。学ぶとは、経験せねばならんということ。因果あるから、善きことすれば喜びとなり、悪しきことすれば自ずと不運訪れるぞ。世はすべて因果じゃ。申した言葉、己に返って来るぞ。天に唾いたすこと、いたしてくれるなよ。

 繰り返しは、もう要らんぞ。人類同じこと。獣、草木、虫けら、素直じゃなあ。人、いつまでかかっておるのか。憑きもの、早く改心いたされよ。これまで無惨に殺された人、獣、皆々因果だけの めぐり はとらせておるが、いつまでも切りが無いから、ひとまず終わりといたすから、それぞれ皆々改心結構ぞ。これからは、自ずと滅ぶぞ。己が己を導くぞ。善きよういたされよ。御魂相応によってどうにでもなるから、人民の好きなようになるぞ。皆々それぞれ自由じゃ。平等じゃぞ。いたしたいように生きてみなされ。どうじゃ、世は治まるか。持続出来るか。魔物自由いたす世は、共食いじゃ。奪い合いじゃぞ。己と違うことで殺しおうて、終いにはみな丸潰れじゃ。皆々分かりたか。ようくお考え下されよ。

 自由、平等申すなれど、悪魔どもの合言葉じゃぞ。みな潰す合言葉じゃ。分かりたか。真(まこと)の自由は、選択することのみであるぞ。いずれを選んでも決まっておるのが因果じゃ。自由は無いのであるぞ。皆々平等にすれば、同じ生き物ばかりで成り立たなくなるぞ。おのおの違うこと、平等なのじゃ。分かりたか。不平不足申すのは、魔物の囁きであるのぞ。おのおの魔物の独り言、言わされておること早う気付けよ。

 言葉は選ばれよ。感謝の言葉申せよ。人、誉めよ。皆々、誉めよ。うれしうれしとなりて来るぞ。己も皆もうれしたのしじゃ。あっぱれあっぱれじゃ。己、正しいと申す者、我の強い霊人殿、改心出来ぬゆえに、苦し紛れに他悪く申すぞ。皆々可愛い可愛い子じゃから、早う変わられよ。ここは雛形出しておるのじゃから、いよいよ、バタバタと始まりますぞ。皆々改心なされた姿が、新しい次の世の始まり、映しじゃ。うれしうれしたのしたのしみなみなあっぱれあっぱれまつりまつりで、十(かみ)になりますぞ。

 どれどれ、これはこれは死に神殿。魔物の道つけて下さり真お役目あっぱれあっぱれですぞ。どうじゃ、分かるように申せば、死に神とは、これまでの時代の映しの姿じゃ。魔物の道とは、そなたら皆々消毒いたす光の時代を申すぞ。苦しむのは、それだけ因縁あるからぞ。己、うれしうれしと生きられんなれば、それだけ メグリ あると思えよ。掃除洗濯出来た者、皆々うれしうれしと皆々のためにお働きぞ。難なく峠越せますぞ。苦しむには、苦しむだけの因縁あると申すぞ。己、皆の因縁背負うてくれぬか。皆の因縁喜んで背負うて下さる者、少ないのう。シャカ、キリストにもなれるぞ。磨けば光る貴き御魂ばかりじゃ。口ばかりではならんぞ。金儲けならんぞ。名ばかりでは、世は変わらんぞ。己、身魂磨き結構であるぞ。厳しい言葉もそなた助けたさに申すこと、分かりて下されよ。みなみなうれしうれしたのしたのしあっぱれじゃあっぱれじゃ。光り輝く御世開けにけり。


2006年十二月九日 天の日月の神 うれしうれしじゃなあ。

0回の閲覧

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com