• 洋子

大日月地神示【前巻】「に」の巻

 これからがそなたらの申す、三千世界の礎を築きあげてゆく誠の時でありますぞ。準備は既に出来ておるから、実際にお生み下されよ。何をどうすればよいか、自ずと守護霊殿に申しておるから、靈、人、共に仲よういたし下され。では、一つ一つ申すゆえお聞き下されよ。

 ひとつ、人民が何ゆえこうして揉めておるのか、原因を知って下され。

 ひとつ、みな喜び勤しんで暮らせる世のお仕組み、創りおうて下され。

 ひとつ、靈、人、共に歩むことまず一番大事にいたし下され。

 ひとつ、これからは宇宙の霊人殿、人民殿とも仲良ういたし下され。

 ひとつ、愛することを一番大前提にお暮し下され。

 ひとつ、生みの親は地の大神様、育ての親は天の大神様、地の大神様であること、忘れんようにお暮し下され。

 ひとつ、艮金神様、素盞鳴大神(すさなるのおおかみ)と表裏であるゆえ、同じ神として祀ろうて下され。

 ひとつ、みな話をせんでも互いに思うておること分かるようになるゆえ、口謹んで心広げて下され。

 ひとつ、みな仲良う暮らす仕組み、みなで創りおうて下され。

 ひとつ、世の立て替え、神と靈と人とでうれしうれしといたし下され。

 ひとつ、それぞれの神祀ること大切であるが、大日月地大神とまず祀ろうて下され。

 ひとつ、世のためよく働き、よく笑い、よく愛しおうて、うれしうれしとお暮し下され。

 ひとつ、金は要らぬ世となるから、今までの教えみなすべて、掃除洗濯いたし下され。

 ひとつ、みなを愛することの意味、よく考え歩まれ下され。

 これからみな生まれ変わるから、今までの教えみな一度捨てて、新し世の考えお映し下され。真の神世となるから、皆々すべて分かるようになるから、はずかしくないようみな大事になされ。嫌いなもの多いと嫌われますから、いよいよ暮らすこと出来ぬ世となりますから、皆々好いて大事に感謝出来る己を愛しんで下されよ。神申すこといよいよ真の世の顕れとなるから、変われんと不足申す者みないよいよ真見て腰抜かす時来たから、これからの改心いよいよ役に立たんから見ておざれよ。鼻高さん、見物いたし下され。方便といたしてきたこの方のツケ返さなならん時来たから、みな難儀いたす者もあるや知れぬが、己求めた結果であるから不足申すでないぞ。人民可愛いだけではならんから、草木、虫けら、獣らすべて救わなならんから、いよいよ始めますぞ。それぞれ己のゆく先、みな決めておるのじゃから、うれしうれしじゃな。何をどんなに頂いても、己求めた結果でありますぞ。御魂相応にいたすから文句言うでないぞ。皆すべてを愛することいたして、この方顕れるから、それぞれ申し分ない己へと移られ下され。神、人、共に歩む世となった。えみためえみため。

 あーえーいーおーうー うーるーうーるーうー おーろーおーろーおー

 ひーふーみーよーいー えーめーれーめーれー ふーむーうーるーむー


2006年十月十八日 天の日月の神


1回の閲覧

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com