• 洋子

大日月地神示【前巻】「し」の巻


 苦しみとは、己が何者であるか分からぬようになっておることじゃぞ。皆それぞれに大事な役目授けてあるに、みな気づかんから苦しむのじゃ。皆この世におりて勉強さして、共にうれしうれしとなるため、神々様にお願いいたし、仕組みて時与えてあるのじゃぞ。その事分かる人民少ないから、今のようになりておるなれど、いつまでも聞き耳持たんと苦しくて、どうか助けてくれと申すようになるのじゃから、今のうちからくどう申しておくのじゃぞ。聞いておらんと申しても、聞く耳持たん人民多いのう。何もかもみな大事なお役目授けてあるのじゃから、早う改心いたし皆のためにお働き下されよ。あべこべならん。手が足となっておっては、苦しかろうに。目は口にはなれんのじゃぞ。分かりたか。それぞれの御魂に応じて、役割決まっておるのじゃから、そのこと知るのが一等じゃぞ。

 上に立つ臣民みな改心いたし、皆に頭下げねばならん時来ておるのじゃぞ。皆々改心いたし、人民に土下座せねばならん時来ておるのじゃぞ。分からんと申しても、いつまでもそういたしておると可哀想できるから、神くどう申しておるのじゃ。

 人民よくお聞き下されよ。そなた達は皆、この方が生み出したものであるのじゃぞ。この方の身々(みみ)分けて創りておるのじゃ。みな大切なから生んでおるのじゃぞ。分かりたか。そなた達自分で生まれて来たのではないのじゃぞ。この方が生ませておるのじゃ。肉体は皆、この方のお土固めて作りておるのじゃぞ。この方の心分けておるのじゃぞ。皆々一つ一つ大事な役目持たせて生み出しておるのじゃ。己の身体見てみよれ。雛型となっておろうがな。そなたはそなたのものではないのじゃぞ。皆々この方の大切な分御霊であるのじゃ。皆のために働くように作りてある大事な御魂じゃ。じゃと申して、役に立たん御魂みな無くしてしまうから、そのつもりでおりて下されよ。世に出ておる悪党も皆、この方の仕組みておることぞ。神は悪党かと申すなれど、神はそなた達みなに分かってもらいたいから、そういたしておるのじゃ。何ゆえ人民殺すのかと申すなれど、殺されるには殺されるもの持っておるのじゃ。己で己を決めておるのじゃぞ。何度も生まれ変わっておると申しておろうがな。皆々借金済まさして、殺し合いも奪い合いも無くさすため、それぞれに学ばせておるのじゃ。

 事細かに言わんでも分かる人民貴いぞ。理屈ばかり申す人民、改心足らんのであるのぞ。そなたは何十回、何百回、何千回と生まれ変わり死に変わり、繰り返して今にあるのじゃ。皆々そうして学ばして歓喜(かみ)の容れ物となれるよう、今まで御心(かみ)が導いてきたのや。どこまでも疑うて下さるなよ。うれしうれしと楽に変われるよう申しておるのじゃから、赤子となりて下されよ。

 これからは人民、霊人殿、神々様に伺いながら、何でも分かる世となるのじゃから、苦しむ事なくなるのじゃから、うれしうれしの仕組みとは、そのことでもあるのじゃぞ。皆これまで申しても疑うなれど、科学科学と申しても何も人民救えんのじゃから、気づいて下されよ。科学も神が与えたものであるなれど、方便であるのじゃぞ。何も無くても人民、十分うれしうれしで生きてゆけるのじゃぞ。そのこと分かりて欲しいから、まず人民にあれもこれもみな与えてきたなれど、いよいよこの神、共に苦しくなってきたから、こうして申してもおるのじゃから、この方の思い、早う悟ってくだされよ。神、頼むぞ。そなたは改心いたしておるなれど、皆が改心せねばこの仕組み成就せんのじゃぞ。

 これより先、この方が皆の質問にすべて答えてゆくゆえに、健仁、覚悟いたせよ。出入り激しくなるぞ。疑う人民たくさん押し寄せるから、その覚悟いたされよ。それくらい出来る御魂であるのじゃぞ。皆々神に任せて下されよ。疑わずかみに委ねて下されよ。ここに縁ある人民殿、この方みなに知らしてゆくから、縁ある者に伝えて行って下されよ。

 この方、天の日月の神と申す。この度、霊人殿に岡本天明の御霊、守護神殿に艮金神殿、雨の神殿、風の神殿、巌の神殿、荒の神殿、地震の神殿、竜宮の乙姫殿、オオカムツミ神殿、スサナルの大神殿、皆々総掛かりでご守護いたさすから、この者に伺って来て下されよ。これ世の建て替えの仕組みであるのじゃぞ。神、いよいよもの申してゆく時きたぞ。健仁、容れ物として遣うから、この方の身体となりたぞ。これ方便でないのじゃぞ。世に出ておる靈憑り、皆この方が面倒みてやりますのじゃぞ。皆々この方にまつろうて下されよ。分からぬ人民みな分かるようにいたさすから、覚悟いたされよ。この御魂、ちょっとやそっとのことでくじけん尊い御霊じゃから、神、皆の者に申しておくぞ。この御魂、この世の王として遣っておりた御魂である。世の元より隠しておりた神一厘の御魂でもあるのじゃ。疑う人民、このこと分からぬ御魂であるなれど、分かる人民ほとんどおらんのじゃぞ。奇跡無いと申しておろうがな、真(まこと)の神には奇跡は無いのじゃぞ。奇跡無いのが真の奇跡じゃから、みな間違えんで下されよ。

 この方になんでも尋ねてござれ。何でもそれ相応に答えてやるぞ。理屈申さず尋ねてござれよ。この御魂、人間であるから、皆と同じように生きておるのじゃから、疑うのも無理たいなれど、この神、人間に憑ること滅多に無いのじゃが、天明の次であるのぞ。この御魂、天明の生まれ変わりの役でもあるのじゃが、この御魂そのこと言いたくなかったようなれど、皆に言わねばならんから神が申すのじゃ。天明の御霊訳すお役であるから、この度、人間としてこの方の言(こと)、表せるのじゃぞ。分かりやすう説いて聞かすからそのつもりでおりて下されよ。この神、いよいよ人となりてもの申す時きたのじゃぞ。健仁、心配するでないぞ。心配せず、何もかも皆この神に委ねてござれ。


2006年6月24日 天の日月の神 申す

0回の閲覧

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com