• 洋子

大日月地神示【前巻】「さ」の巻

 うゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせすん。これからのことでありますぞ。うゐのおくやまとは、この方の元へ歩み寄り花咲かす心の元でありますぞ。けふこえてあさきゆめみしゑひもせすんとは、苦の花咲きうれしうれしの思いに至(いた)る至福の地上世界(せかい)にそれぞれみな生まれ変わり、末代貴いお役目にいたりますことへの祈りの意でもありますのじゃ。このこと、ウの大神様の古(いにしえ)」の大いなる写しの世の清美でありますのじゃ。

 心の中、何もかもすべてがありますのじゃ。無いものは現れては来んのじゃぞ。世はそなた、そなたに付いておられます霊人殿の思いの現(うつ)しそのものでありますのじゃ。心とは、靈界そのものでありますのじゃ。靈界とは、ありとあらゆる物の形を生む原型そのものであり源でありますのじゃぞ。靈界にあるものすべてが限界に顕れておりますのじゃ。ことこと分かりて下されよ。このこと霊人殿、神々様、皆ご理解下されよ。

 神々様とは、人民がお造りたもうた神々様でありますぞ。地獄もみな人民が造りたもうた世界でありますのじゃぞ。恐ろしい魔物造りたのは人民の陰の念からじゃ。本来無いものを生み出したきたのじゃぞ。とて、みな神の御心の中にありますのじゃが、それもみな真の神々が導いて、良き姿への変えて下さっておるから、心配ないなれど、気づかぬ人民まだまだ多いから、無き魔物生み出さんでくだされよ。魔物好む人民、心勇んでおらんから、他愛すること出来ぬと他を力で思うようにいたそうとし始めるのじゃ。そして、念で本来ない魔物生み出して、それらがうごめくようになれば、霊人殿も皆あるように思うてしまうのじゃ。

 そのこと、今申してあること真(まこと)であるから、大切ごとであるから、人民気つけて下されよ。無き魔物生んで下さるなよ。霊憑(れいがか)りうようよじゃ。魔物の容れ物となっておられます人民多いから、分からん人民何ゆえここまで世は乱れに乱れてしまっておるのか、神はおらんと申して好き勝手しているから、ますます魔物多くなって来て、自分らで生み出した魔物の容れ物となりて、自らを殺すこととなるから申しておるのじゃぞ。このこと分かる人民あまりに少ないなれど、言わねばならんから申して聞かしておるのじゃ。今に魔物改心したくなくて、暴れに暴れる者まだまだ出て来るから、人民手つけれれなくなるから、早う真の神の元で改心いたして、神意(かみ)の容れ物となりて下されよ。それより他に手はないのじゃから、早う人民気づいて下されよ。良いな。

 人民ここまで地の神様の恩忘れて、真の歓喜(かみ)無きものといたしてきて、荒れに荒れておるの見ても自分のことより他考えぬから、ますます悪くなってどうにもこうにもならなくなってゆくから、その時改心いたしても共倒れとなるから、そうなっては人民、獣、草木、虫けらもみな可哀想なから、みな助けなならんから申しておるのじゃぞ。

 良いか、この方申すこと我良しの人民には毒であるなれど、その毒を薬といたして早う改心いたしてくれよ。神々様総掛かりでありますのじゃ。日本全体に地震起こして、大難を小難にいたしておるのじゃから、人民も皆それぞれに改心いたし、皆のものに早う伝えて下されよ。教会は無くいたすのじゃから、自分たちの教会の教えというものみな我良しであるから、この地の大神の御心に溶け入って下されよ。この地、すべてのことであるのじゃから、大きな目で見て下されよ。それぞれに雛型だして、学ばせておるのじゃ。ここに縁ある者、皆これからの日本のこと学ばせてあるぞ。そなたらの周りに出してあること、日本の雛型でもあるのじゃぞ。日本は世界の雛型でもあるから、これから逃げ出す人民多く出て来るから、そんな人民、どこ行っても堂々巡りじゃから、改心せん限りどこに逃げても隠れても無駄なれど、それでも逃げて何とかなると思うておる人多いな。

 いよいよ、世界の動き激しくなりますのじゃぞ。どれもみな人民の心から生まれておること、早う分かりて下されよ。苦しくなりたら、みな心改める時与えられておるのじゃから、素直に変わりて下されよ。我張っておるから、ますます苦しむのじゃぞ。肉体そなたのものではないのじゃぞ。皆この神の身体じゃ。みな人民霊人のために御貸しいたしておるのじゃから、大事にいたされよ。

 四足食うでないぞ。皆々人民、間違いだらけでありますのじゃぞ。食わんでも死にはせんぞ。草木みな動物に食べられるために生きておるのじゃ。理屈申さず素直にいたし下されよ。皆々苦しんでおりますぞ。皆々人民好きなようにいたしておるからじゃぞ。食うもの、着るもの、何もかも有あまるほど与えてあるではないか。これ一番に大事な教えでありますのじゃぞ。そのこと大昔より教えて来ておるのじゃが、みな悪の仕組みにワヤにされて分からんようになりておるから、今の世となりておるのじゃ。草木から獣、虫けら、生まれますのじゃ。この方の身々(みみ)でありますのじゃぞ。動物いきられるようにいたすために草木作りたのじゃ。皆そなた達のために作っておるのじゃから壊すでないぞ。壊すと己壊すこととなるのじゃから、いつまでも分からん人民と成りなさるなよ。

 何もかも癖でありますのじゃぞ。煙草も菓子も皆々癖ぞ。新しい世となれば、みな人民で好きに作りて良いのじゃぞ。新し煙草、酒、菓子、皆々好きに作り手良いのじゃぞ。草木からもの生まれると申してあろうがな。獣、虫けら、在る何もかも、みな友といたされよ。人民生きるために大事な、みな友でありますのじゃぞ。殺すでないぞ。殺すと人民殺すことになりますのじゃぞ。まだ分からぬか。変われぬ人民みな石にしてしまうから、覚悟いたされよ。これ脅しでないのじゃぞ。人民自ら石となりますのじゃぞ。分からぬと申しても何万年かけて教えてきておるのじゃから、いよいよ神も知らんぞよ。皆々救わねばならんから、分からぬ人民気の毒じゃけれど、仕方ないからいよいよじゃぞ。これ例えではないのじゃぞ。実地にもう既に出しておるが、それでも分からぬ人民おおいから、いよいよ人民半分残らんようになるから、そのつもりでおりて下されよ。神は無いものかと申す人民、みな石となりますのじゃぞ。じゃから、くどう申すのも人民可愛いから、これまでの神の容れ物となりて下さった人民遣って、幾度も教えておるのじゃ。

 ここまで事分けて聞かしたら分かるであろうがな。分からんでも分かりて下されよ。神、頼むぞ。あまりにも酷いこととなると、人民生きてかえられんようになるかもしれぬから、今のうち改心いたし、神の言(こと)ようく聞きなされよ。待てるだけ待ちて、神、みな神々様にお頼み申しておるのじゃから、人民この神の心分かりて下されよ。この神、地の大神でもあるのじゃぞ。理屈捨てて下されよ。理屈で分からぬと申してあるのじゃぞ。

 これ「さ」の巻。「き」の巻、よく見なされよ。隠しておるのじゃぞ。あいうえおかきくけこ。ななにくるのはいちにのものにならず。これみな天界のこと。うれしうれしとなる秘密。いうえおかき。


2006年6月23日 天の日月の神 うれしうれしの叶いとなりますぞ。



1回の閲覧

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com