• 洋子

大日月地神示【前巻】「お」の巻

最終更新: 9月6日

これから申すこと、ウシトラの金神殿のお働きなるスサナルの大神様、共におでましになるぞ。良いか。目にもの見せるとは、そなた達の姿、生き写しといたして世に現すぞということであるから、そのつもりでおりて下されよ。皆々改心結構結構でござるぞ。

艮金神殿(うしとらのこんじんどの)お喜びぞ。皆の改心楽しみにしておった貴い御神様でござるから、良く祀りて下されよ。魔物とて皆、どれも磨けば光る大事な御魂じゃから、ちと遅し早しはあるなれど、それも彼も皆この方の仕組みてありたことであるゆえに、みな可愛い可愛い子であるから、仲良う手引きあってやって下されよ。

人民みなこのままでは、分らん者多いし、かといって言わねばならんような人民ではお役にならんし、救ってやりたいなれど神無きものにいたしておるゆえ憑ることも出来ぬし、憑れる人民すくないから神もご苦労であるぞ。これほど言っても分らんと申すなれど、実地にいたしたら生きれる人民ほとんどおらぬし、早う親の心察する子となりて下されよ。神、急けるぞ。世の元から隠しておいた御魂遣うてこの仕組みいたさすなれど、分かる人民少ないから、この御魂ご苦労であるぞ。

皆々縁ある者ここに引き寄せるから、そのつもりでおりて下されよ。円居は作らねばならんが、惑い違いであるぞ。金とって信者増やすような宗教や教会ではもう立たれんぞ。宗教無くいたすのであるから、一つの王(みち)でこの世治めるのであるから、陰の世は終わったのであるぞ。人民は近欲(ちかよく)ざから見えんなれど、大き目で見ればよく分かるざぞ。これからここに縁ある者集めて、隠れ御魂引き寄せて、よく分かるようしてやるなれど、この御魂たいそう大変ざから、早う助けてやりて下されよ。

悪の作りた仕組みで悪改心さすとはこのことぞ。あらたのし天晴れ富士に花咲くぞ。この世変えさす仕組みとは、悪に隠してあるとはこのことじゃ。車も乗れよ、飛行機ものれよ、機械使えよ、使えば使うだけ分かるのじゃ。そなた達が求めた悪神の仕組み、後になればなるほど苦しくなるとはこのことぞ。悪の神々様に礼申せよ。人民、そなた達が求めた神は、悪神ばかりであったのぞ。苦しいこと好かんから、楽な近欲(ちかよく)ばかりじゃから、この世潰れるところまでゆくのじゃぞ。この御魂も、寝ずにこの方に遣われておるから可哀想なれど、後で天晴れ末代名残る仕事さすから、健仁、辛抱して下されよ。この方にまつろう臣民人民、みな良き方に回してやるから、そのつもりで参りて下されよ。この方、身魂共々健仁に入っておるぞ。新しき世の半霊半物質とは、神と霊と人とが溶け合った姿であるぞ。神と霊人(れい)と地上人(ひと)とが、共に話が出来る怖くて嬉しい形であるぞ。

皆々、身体の洗濯 心の洗濯出来た者から尋ねておざれ。その日その日から、嬉悦し嬉悦し(うれしうれし)となるのじゃぞ。分かりたか。大神様とは、すべての御魂の喜びの映し鏡でもあるのじゃ。皆の喜びがそのまま映るのであるから、一人も要らぬという者おらんのじゃ。草木、虫けら、四足も皆々大切じゃから、人民大事大事にして下されよ。神、頼むぞ。

草木は食べれるのが嬉しいのじゃぞ。出世するからうれしいのじゃぞ。一二三の食べ方して、感謝して下されよ。何もかも病なくなるぞ。食べすぎるから不運となるのじゃ。皆それぞれに分けて下されよ。四足食べるでないぞと申しても、食べるもの無いと申す人民おるが、何もかも食べ物溢れんほど与えてあるではないか。自分の者というもの、何一つ無いのじゃぞ。みな神が与えておるのじゃから、皆で仲良う分けて下されよ。人民の食べ物、決められておるのじゃぞ。理屈、悪じゃと申すのじゃ。

人民、この世任せられる神となりて下されよ。皆がうれしうれしと喜ぶ日月の民となりて下されよ。神、頼むぞ。この方、この世創りた元の元の元の神であるなれど、分御霊としてこの身体遣うておるのじゃから、分かる人民良きにしてやりて下されよ。うれしうれしで峠越す仕組みじゃ。臣民殿、早う祀りくれよ。

神の国は神のやり方でなければ治まらんのじゃぞ。神祀って下されば、良きように教えてやるから、この方分かる御魂少ないなれど、分かるようにしてやるから、何もかも皆ただで分けてやりて下されよ。金は要らぬのじゃぞ。金要る人民、みな良き世の礎分らんからそう申しておるなれど、金は何もかもみな苦しめるだけじゃから、何もかもみな好きなだけ、皆に取らせてやりて下されよ。後で仕事くれ仕事くれと、みな喜んで誠の仕事それぞれ働くのじゃぞ。皆それぞれに貴きお働き出来る御魂ばかりじゃから、すべてが上手くゆくようになっておるのじゃ。この国、他の国と同じやり方してはならぬから、神の誠の政仕え(まつりつか)まつろえよ。

神の国とは、世界の雛型であるから、日本(ひのもと)良くなれば世界よくなるのじゃぞ。皆で食べ物作りて下されよ。食べ物大事ぞ。車や機械ばかり作りても飢え死にぞ。分かりたか。どこもかしこも飢え死にぞ。保食の神様お怒りになられておるぞ。この神様お怒りになられたら、人民みな干上がるぞ。食う物無くなるから気つけおくぞ。縁ある人民みな、この方助けて下されよ。手取りて、新しき世の国造り始めて下されよ。政もみな変わるぞ。今のお偉いさんご苦労であったぞ。魔物に操られておる方、いつまでも魔物に政は出来んぞ。神祀らねば、どっちにいってもアフンじゃのう。どこへ行っても何をやっても苦しくなるばかり。ご苦労じゃなあ。人民みな可哀想だから申しておるのじゃぞ。この者遣うて申しておるが、分かる者には分るよう、御霊神様付けてあるから、早う御魂相応に動き下されよ。

 世界は大きく変わるから、みなビックリじゃぞ。海の神様、ご活躍ぞ。雨の神様、風の神様、巌の神様、地震の神様、荒(あれ)の神様、世の元からの生き神様、みな総掛かりであるぞ。悪の総大将殿、お役ご苦労でありますぞ。あらたのしあらすがすがしあらたのしあらすがすがし。岩戸開けたりみたま出でにけり。そが御魂、艮金神(うしとらこんじん)と成りなりて、この世の扉開けにけり。霊憑りうようよとなるぞ。悪の霊憑りいよいよ現れるぞ。身魂磨けておらぬ者、みな悪の霊に遣われて自分で自分を苦しめるのぞ。自分が自分を苦しめるとは、このことであるぞ。よく分かりたか。皆そなたたちの自由を形にいたしたものであるから、誰が悪いわけでもないのであるぞ。早う改心結構結構。

 艮金神様、弥栄ましませ弥栄ましませ。怖い嬉しい世となるぞ。身魂磨けてある者、うれしうれしの世となるぞ。

2006年6月10日 天の日月の神 記す。




2回の閲覧

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com