• 洋子

大日月地神示【前巻】「え」の巻


ここに在られます八百万の神たち共に、お聞き頂けますよう申し上げますぞ。元の元の元からの仕組みてある真の世の一厘の仕組み、皆この方の思い通りであるなれど、皆それぞれに改心いたされ、真の仕事に目覚めて下されよ。どこに逃げても逃げられんぞ。出来る者やりてみよれ。あちらへこつん、こちらへこつん、うろうろじゃ。悪の神々様、改心お見事であったぞ。善の神々様、改心なかなかでありたが、それはすべてこの方の仕組みておったこと。人民のお力だけで何とか出来ると申すか。皆この方がさせているのじゃぞ。

まだ分らぬか。何一つ人民の物というもの、この世にはないのであるぞ。皆々借り物であること、よく考えてみなされよ。まだ自分の物と言って手放せん人民、お偉いさん多いのう。何もかもこの神が作りたものであるなれど、そのこと分かる人民少ないから、そのままでは気の毒出来るから、くどう申しておるのぞ。救ってやりたいなれど、それでは人民のためにならんし、神も苦しいぞ。神喜ばすのが人民の仕事であるなれど、神は人民の申すこと聞いてくれぬからと申して、神を無きものといたしたなれど、神は持ち切れんほどの食べ物も切る物もみな与えてあるのぞ。何ゆえ皆で分けんのじゃ。我さえ良けりゃ良いという魔物たちに遣われておるから、世はこのようになっておるのぞ。まだ分らぬか。皆々神に捧げてから頂けよ。次々と要るだけ流れ来るぞ。何もかも、喜びは高きから低きへと流れるのであるそ。頭低くしておりて下されよ。

人民、みな自分でしたように思うておるが、人民の知恵、皆この方の理、恵みであるのじゃぞ。皆々この方から流れて行ったものばかりであるぞ。心静かにしてよく聞いて下されよ。聞こえるようにいたしてやるから、そのつもりで我 早う捨てて下されよ。魔物たちの声ばかり良きものに聞く人民多いゆえに、真分らんようになっておるがゆえに、今の世、どこまでも分らんようになってしまっておるのじゃ。魔物と申せみな可愛い御霊であるがゆえ、早うこの方の元へ、足元まで来て下されよ。寄ってくる者みな救ってやるぞ。悪の世はもう済みたのであるから、このままでは気の毒出来るぞ。この世始まってないこといたすのじゃから、この神の申すことお聞き下されよ。

この方わかる人民、守護霊殿、少ないなれど、縁ある者たち引き寄せて、この御魂遣うて、天晴れうれしうれしの世といたすから、心配せずに見ていておざれ。海の神様、風の神様、地震の神様、荒の神様、雨の神様、巌の神様、世の元からの生き神様、いよいよご活躍ぞ。大き目で見んと分らんぞ。地の神様いよいよ生まれ変わるのであるから、目開けて見ておざれ。めでためでたみなうれしうれしの歌、唄う時来るぞ。真の愛の力、見せますぞ。皆この方がさしておる事、何度も心配するでないぞ。うれしうれしで世明けるぞ。

これ、「え」の巻。神人健仁、ご苦労でありたぞ。この役、御魂の仕組みてあることゆえに、何も恐れるでないぞ。

2006年6月8日 天の日月の神

2回の閲覧

Kinu & Kukai

Address: Kitaihorie Nishku Osaka, Japan 

In charge of Yoko Kobayashi

Email: yoko57kobayashi@gmail.com

heart of japan2.gif
logo きりとり.JPG

© 2023 by YOLO.

Proudly created with Wix.com