• 洋子

よひとやむみな 日月の巻 仕組みはできた

今までの事はみな 「型」であった。

江戸の仕組みも、お山も、甲斐の仕組みも、みな 「型」であった。

鳴門と渦海(うずみ)の仕組みもできた。

尾張の仕組みもできた。

神々が、その仕組みをすべて作ったぞ。

あとはそれを知る人間が増えることじゃ。


いよいよ、末代続く世直しの御用にかからすのであるが、

型に入れる人間の中身がなっておらん。

人間は神の入れ物であるが、まだ汚物が入っておる。


江戸とは東京のことだけではない。

人の多く集まる場所を申しておるのじゃ。

本来、多く集まると、人々の活き活きとした氣が入るものじゃ。

今、都会に住む人々が、

どのような氣を発しておるか、想像してごらんなされ。

目に見えたら、どんなに汚れておるか見当つくであろう。


お山もどこも汚れておる。

お山は、神々のエネルギーを入れるところ。

それを誰でも彼でも好き勝手に入って、汚しておるともうした。

人が近づいてはならん場所もたくさんある。


富士の山が、穢れておるぞ。

鳴門は、日本のよくない気を吸い込んで調和させる場。

その力が弱くなって来ておるぞ。

終わりは、人間が出した要らんエネルギーを天に吸い上げる所。

身魂が磨けた人間のお役目は、

それらを理解し、そのお働きを神に感謝することぞ。


仕組みはできた、型はできた。

あとはその中に光を入れるのが人間の務め。

これを伝えてくれよ。

改心するように伝えてくれよ。

雨降るぞ。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示