• 洋子

よひとやむみな 日月の巻 ふんどし締めよ

大峠の後、アジアの国々やユツタの民たちと手を握り合う。

神国の光り輝く時が来るぞ。

そのつもりで織り成され。

まさに今、みな喜びて、三千年の神の御業の時が来た。

今はまだ神国、やまと国のまこと危うきときであるぞ。

ニセの豊かさと平和の時代じゃ。


ある日の夜半に嵐がどっと吹くぞ。

どうすることもできず、手足縛られ、縄付けて、

突然の大峠とともに、神の御子達が連れ去られた後には、

老人や障害のある者、女、子どもが残る。

それは、執着の少ない者、愛ある者、無垢な者、

自身の限界を知っている者、抗わない者というたとえじゃ。


神の御子たる人々はことごとく、

壊滅状態の場所で、暗く臭い場所で、暮らさねばならんとき来るぞ。

宮は潰され、大事なものはことごとく火にかけられて灰となる。

この世の終わりに近づいた。

もう戻れない出掛けた船。


ふんどし締めよ。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示