• 洋子

よひとやむみな 富士の巻 大峠を迎えた人間

いよいよとなったら、地震、雷ばかりではない。

人々みな 、頭が真っ白になり、

「これはなんとした事ぞ」と口を開けたまま、どうする事も出来んようになる。

四つん這いになって、着る物も無く、獣となって、身動きできん者、

自ら死を選ぶ者と二つにはっきり分かれる。


獣のような我よしの者は、獣の本性を隠しておったが、

いよいよ現われるのじゃ。


火と水の災難がどんなに恐ろしいか、

今度は、大なり小なり知らせねばならん。

一時は、天も地もひとつに混ぜこぜにするのだから、人は生きてはおれん。

それが済んでから、

身魂磨けた人間だけを、神が拾い上げて、弥勒の世の民とする。


この大峠で生き残るのは、身魂の磨けた者ばかり。

神が勝手に選ぶのではない。

身魂を磨いたら、波動が変わるのぞ。

その波動が、出来事を引き寄せるのぞ。


どこへ逃げても、逃げる所は御座らん。

地下に逃げ場所を作っている者たちもおるが、役に立たんぞ。

高いところから水が流れるように、時に従ってくれよ。

身をゆだねる気持ちになってくだされよ。


いざという時には、神が知らせて、

一時は天界へ吊り上げる人間もおるであろう。

人間の戦や獣の喧嘩ぐらいでは、この世の掃除など何もできん。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示