• 洋子

よひとやむみな 富士の巻 三千世界の仕組み

神界は七つに分かれておる。

天つ国三つ、地の国三つ、

その間にひとつ天国で、上中下の三段、合わせて七つ。


地の国も上中下の三段、中界を入れて七つぞ。

その一つひとつが、また七つに分かれておる。

そのひとつが、また七つずつに分かれておるぞ。

身魂が磨けた者から上へと上がるのじゃ。


今の世は、地の国、地獄の二段目、まだ一段下があるぞ。

大峠で一度はそこまで下がるのじゃ。

今ひと苦労あると申しておるのは、底まで落ちるからぞ。

地獄の三段目まで落ちたら、そこは人間の住めぬ所。

悪魔と神ばかりの世ぞ。

地の国の悪と地の国の神との戦いの世界。

とても人間は住めん。


その世界は、その世界の仕組みで、

それぞれが学び、御魂を磨くための世界じゃ。

その世界に住む人間は、悪と神の支配下で、

恐れとあきらめと戦いの中で、おびえながら生きておる。

人間には自由のない世界じゃ。


この世は、人間に任せておるのだから、

人間の心次第ぞ。

されど今のような腐った人間ではだめじゃ。

いつも神懸かっている人間になるのだぞ。


神懸かっていると勘違いし、

神懸かっているように振る舞うものもおるが、偽りじゃ。

心の奥ではそれが分かっておろう。

神懸かっておるとは、

腹の底にシックリと神が鎮まっていることぞ。

それが本来の人間の誠の姿。

われを無くすことではない。


いよいよ地獄の三段目に入るから、覚悟しておいておくれ。

それが次の天国に通じる道となるからじゃ。

御魂のない人間は、この世界に残ることになる。

この世界での転生をまた繰り返す。

このままでは、多くの人間がこの世界に残ることになるであろう。


大峠になると、

神の誠の姿と悪の真の姿が、はっきりと分かるようになる。

神と獣と分けると申してあるのは、このことぞ。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示