• 洋子

よひとやむみな 地つ巻 死

神と調和する者には、生も死もない。

死んだと申しても、魂は生きておる。

死ぬとなきがらを残し、周囲の人間は、なきがらに別れを惜しんでおる。


されど昔は、残さず天に帰ったのじゃ。

身体さえも残さずに逝ったのであるぞ。

逝く時期も分かっていた。

葬式も墓石も要らんかった。

周りの者は、感謝を込めて見送った。

そこには、悲しみや別れを惜しむ気持ちより、

感謝と喜びで満ちておったのじゃ。

誰も死を恐れてはおらんかった。

病で死ぬ者もおらんかった。

それがまことの神国の民であった。


世の元は、天も地も泥の海。

この世が始まってから、生き通しの神々様の御働きで、

いよいよ、五六七の世が来る。

身魂を磨き、肝が座っておる人間に神が鎮座なさる。

高天腹ぞ。


日本の創造の神、カムロギ神、カムロミの命を忘れるではない。

海をみな船で埋めて、守りを固めねばならんぞと申した。

それは、外国のものを取り入れて、

苦しまんようにしてくれよという意味であった。

海にめぐらせてある神の国、

清めに清めておいた神の国に、

星々の国の悪が渡ってきてしまった。

神は残念じゃ。

見ておざれ、神の力を現わす時ぞ。




閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示