• 洋子

よひとやむみな 下つ巻 祝詞

この神示を読んで喜びを感じたら、人に知らせよ。

されど、無理には聞かせるな。

わたくしは、信者を集めて喜ぶような神ではない。

世界中の民みな 信者ぞ。

だから教会のように人集めをするな。

世界中大洗濯する神であるから、

小さいことを思っていると、わけが分からんことになるぞ。


ひふみ祝詞は、神の息に合わせて宣れよと申した。

されど、できておる者が少ない。

祝詞を宣って、身魂がきれいになったと勘違いしている者が多い。

宣るからきれいになるのではなく、

きれいにして宣るのじゃ。

心が先じゃ。

宣り上げるばかりするな。

中途半端に祝詞を宣るより身魂を磨け。

それが先じゃ。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示