• 洋子

よひとやむみな 下つ巻 これからの神の力、神の代

それぞれの御靈は上、中、下の三段に分かれておる。

それは、優劣ではない。

それぞれの役目であり、違う働きじゃ。


人の身体もそうであろう。

呼吸や血を司るところ、消化を司るところ、排泄を司るところ、

上中下とそれぞれの役目を持っておろう。

それぞれが助け合い調和せんと、働かんようになっておろう。

神界も同じじゃ。

神の代となったら、

その御靈のお役目通りに生きることになるから、

面白いように事が運ぶようになる。

今でも人々が神心になったら、なんでも思う通りになる。

今の人間は、目先の慾ばかり追っておるから、心が曇って分からんのじゃ。


これからの戦は、神力と学力、科学のとどめの戦。

宇宙の進化を促す神の力と、

人間の頭で進んだ科学との最後の戦いぞ。

神の力が、九分九厘まで負けたようになった時、

誠の神の力を出して、グレンと引っ繰り返し、神の代にするのじゃ。

神国のてんし様が、世界丸めて治める代となる。


天地神々様にお目にかけるぞ。

世界を治める王の光が、世界の隅々まで行き渡る仕組み、

三四五(みよい図)の仕組みぞ。

岩戸開きぞ。

いくら学がある、科学が発達しておるともうしても、

百日間、雨降らすことは出来まい。

百日ともうしても、神の目からは瞬きぞ。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示