• 洋子

よひとやむみな 上つ巻 五十九

五十九の身魂があれば、この仕組みは成就する。

これが世の元の神の数。

今はまだ四十九じゃ。

因縁のある身魂とは、御用が決まっている人間のこと。


されど、どうすればいいのか分からぬ人間、

見当違いのことをしておる人間ばかり。

曇りを取り、御用のできる人間が増えねばならん。

やまとの民を、世界の民を救わねばならん。


五十九の身魂は、神が守り神とつながる。

これだけの身魂が力を合わせれば、善き世の礎となるのぞ。

この身魂はいずれも落ちぶれていたり、

落ちぶれているように見えたりする。

そのような人間が訪ねて来ても分からん。


お役をする人よ、氣をつけよ。

どんなに落ちぶれていても、訪ねてきた者には親切にしてくだされよ。

何事も時節が間近ぞ。

⭐️五十九の身魂

五:数字としての天、

0:大神の御靈

九:生命体としての星々

これらは、神の言葉である数字じゃ。この人数がそろえば、集いの中に神が入り、力は大増幅する。

 集いの中で数がそろわなければならん。本来は小グループでの集いであるが、その中の各人が別に集いを作ることで縦のつながりができる。エネルギーラインじゃ。

 ただ、身魂の磨けた人間だけが集まってもダメじゃ。

 集いの中で学びをすることが大切じゃ。

「成長、神とのつながり、覚醒、波動を広げることじゃ。やりたいようにやればよいし、やりたくなったらやればよいぞ。知識や分析の集いではだめだぞ。」

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示